漫画

『週刊少年ジャンプ』25号【最新号】ネタバレ考察 掲載順 あらすじ 感想【新連載】『キミを侵略せよ!』はSFコメディ

更新日:

こんにちは! 月に50冊以上マンガを読むことぶき@akitoshijp )です。

ことぶき
2018年5月21日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』25号を電子版で読みました!
『週刊少年ジャンプ』2018年 25号 表紙より引用

『週刊少年ジャンプ』2018年 25号 表紙より引用

前号の『ジャンプ』24号のネタバレ考察はこちらを見てください。

『ジャンプ』25号掲載順&話数とタイトル

  1. 『キミを侵略せよ!』1話「出会い」(新連載巻頭カラー)
  2. 『ハイキュー!!』302話「猫の爪」
  3. 『Dr.STONE』58話「科学の波」
  4. 『約束のネバーランド』87話「境界」
  5. 『僕のヒーローアカデミア』183話「終日!!文化祭!!」
  6. 『ブラッククローバー』157話「滅亡か救国か」
  7. 『紅葉の棋節』2話「その手は」(センターカラー)
  8. 『ゆらぎ荘の幽奈さん』111話「夢咲先生のご乱心!?」
  9. 『鬼滅の刃』110話「あばら屋でこそこそ」
  10. 『COUNT OVER』(読み切りセンターカラー)
  11. 『ぼくたちは勉強ができない』63話「その姿に想起するのは[x]どもが夢のあとである」
  12. 『アクタージュ』17話「初共演」
  13. 『銀魂』682話「世界の敵」
  14. 『火ノ丸相撲』193話「鬼丸国綱と大典太光世、再び」
  15. 『呪術廻戦』11話「ある夢想」
  16. 『ノアズノーツ』10話「先生、バミューダにて人魚と格闘す」
  17. 『ROBOT×LASERBEAM』57話「追い上げ」
  18. 『食戟のソーマ』263話「新生"遠月学園"」
  19. 『ジガ-ZIGA-』9話「激闘 → 進化」
  20. 『トマトイプーのリコピン』30話「キュートピアはハートの国(後編)」

『ジャンプ』25号 休載作品

  • 『ONE PIECE』
  • 『HUNTER×HUNTER』
  • 『ワールドトリガー』

『ジャンプ』25号 全体の考察

今週は『ワンピース』が休載で、ちょっと寂しい誌面でした。

ことぶき
いつもなら休載時は事前予告があるのですが、今回はなかったので、何か緊急事態でもあったのかも。

新連載の『キミを侵略せよ!』は、宇宙人モノということでSFっぽい漫画になるのかと思いきや、ヒロインの天然ぶりで、コメディ的な感じで進んでいきそうなかんじです。

ことぶき
あまりコテコテのラブコメっぽくはならない様子で、『涼宮ハルヒ』的な漫画になりそうな予感。

対して、『トマトイプーのリコピン』はシリアスかつハードSF的な展開となり、驚きです。

ことぶき
これはこのまま「キュートピア」の秘密が暴かれて、連載終了という流れなのかも。そうなるとかなり寂しいです。

『アクタージュ』は今週、かなり順位を上げました。

コミックス単行本の1巻が発売されて、その売り上げがけっこう良かったのかも知れません。

ことぶき
ヒロインとライバル、二人のバトル展開になって、ジャンプの読者層がようやくこの漫画の面白さに気づいたのでしょう。推し漫画なので嬉しいです。

『ジャンプライジング』シリーズとして怒濤の新連載となった『呪術廻戦』『ノアズノーツ』『ジガ-ZIGA-』は軒並み元気がないですね。

対して、新連載2話目となった『紅葉の棋節』は勢いがあって、人気が出そうな感じがします。

ことぶき
中学生の藤井聡太が怒濤の快進撃を続けていて、ジャンプの読者層である小中高生にとってはタイムリーな漫画となるのも追い風になりそうです。

最近のジャンプ新連載の傾向として、20話くらいまではとにかく突っ走らないと、失速してしまうような印象がありますね。

ことぶき
私も含めて、読者の集中力というか興味が長く続かなくなってしまっているのかもしれません。

次号『ジャンプ 26号』

『ジャンプ』26号の掲載順とタイトル話数はこちらを見てください。

26号
『週刊少年ジャンプ』26号 ネタバレ考察 掲載順 あらすじ 感想『約束のネバーランド』アニメ化決定!『トマトイプーのリコピン』移籍

ことぶき2018年5月28日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』26号を電子版で読みました! 『週刊少年ジャンプ』2018年 ...

やはり『約束のネバーランド』はTVアニメ化決定でした!

-漫画
-あらすじ, ジャンプ, ネタバレ, 感想, 考察

Copyright© 鋼鉄書房 , 2018 All Rights Reserved.