「明柳書房」

漫画の考察や本の書評。台湾の写真なども載せています。

漢詩

白居易「香爐峰下新卜山居草堂初成偶題東壁」【日本語訳・書き下し文・白文(現代中国語ピンイン付き)】

投稿日:

 白居易は江州に来て後、魯山の香鑪峯の麓に草堂を建てました。

中隠の詩で示された境地を実践するために建てられたこの草庵ができたとき、白居易はこの詩「香爐峰下新卜山居草堂初成偶題東壁」五首を書き上げました。

ここで紹介するのはその第一首目です。

白文(中国語ピンイン付き)

五架三間新草堂。
Wǔ jià sān jiān xīn cǎo táng

石階桂柱竹編牆。
Shí jiē guì zhù zhú biān qiáng

南簷納日冬天煖。
Nán yán nà rì dōng tiān nuǎn

北戶迎風夏月涼。
Běi hù yíng fēng xià yuè liáng

灑砌飛泉纔有點。
Sǎ qì fēi quán cái yǒu diǎn

拂牕斜竹不成行。
Fú chuāng xié zhú bù chéng xíng

來春更葺東廂屋。
Lái chūn gèng qì dōng xiāng wū

紙閣蘆簾著孟光。
Zhǐ gé lú lián zhe mèng guāng

書き下し文

五架《か》三間《けん》の新草堂《しんさうだう》、石階《せきかい》桂柱《けいちう》竹牆《たけしやう》を編《あ》む。

南簷《なんえん》日《ひ》を納《い》れて冬天《とうてん》煖《あたたか》に、北戶《ほくこ》風《かぜ》を迎《むか》へて夏月《かげつ》涼《すず》し。

砌《みぎり》に灑《そそ》ぐ飛泉《ひせん》纔《わづか》に點《てん》有《あ》り、牕《まど》を拂《はら》ふ斜竹《しやちく》行《かう》を成《な》さず。

來春《らんしゆん》更《さら》に東廂《とうしやう》の屋《をく》を葺《ふ》き。

紙閣《しかく》蘆簾《ろれん》孟光《まうくわう》を著《つ》けん。

字解

  • 【香炉峰】 廬山の峯の名。
  • 【五架】 水を架して屋を為るに、兩木を立つる所の距離を一架といふ。三間は三室あること。辭源に一室を一間といふとある。
  • 【東廂】 東のひさし。
  • 【紙閣】 障子。 蘆簾は蘆を編んで作つた簾。孟光は漢の梁鴻の賢妻。ここでは樂天の妻に比す。

題義

香爐峰の麓に新に山居を構え、草堂が既に落成した。因って其東壁に題した詩である。(原文を現代仮名遣いに改めました)

日本語訳

スポンサーリンク

新に成れる我が草堂は五架三間の小屋ではあるが、自然の石を階段とし桂の木を柱とし竹で編んだ垣を以て四方を繞らし、南の簷は日光を納れて冬でも暖かく、北の戸口は風を迎えて夏でも涼しく、飛泉が迸って余沫が砌に灑ぎ、窓を払って斜に立てる竹は態と乱雑に植えてある。

来春になったら更に東廂を営んで障子を立て蘆簾を垂れて老妻を置こうと思う。
(原文を現代仮名遣い・新字体に改めました)

出典

佐久節(パブリックドメイン)訳註 『「続国訳漢文大成」白楽天全詩集 第二巻』
日本図書センター 昭和五三年六月三〇日 P.630〜P.631より

佐久節

1882−1961 明治-昭和時代の中国文学者。明治15年9月1日生まれ。大正8年一高教授となる。のち日本女子大教授。昭和36年1月22日死去。78歳。茨城県出身。東京帝大卒。著作に「唐詩選新釈」「漢詩大観」など。

白居易 の思想がよく表れている漢詩「中隱」【日本語訳・書き下し文・白文(現代中国語ピンイン付)】

白居易の字《あざな》「白楽天」の由来 - 運命を信じ、今の地位境遇に安んじてあれこれ悩まない -

Twitterで更新情報を配信しています

-漢詩
-, , ,

Copyright© 「明柳書房」 , 2017 All Rights Reserved.