明柳書房

漫画の考察や書評と映画評や哲学のお話

写真

Canon EOS 6D と1993年発売の銘レンズ「EF 28-70mm F2.8 L USM」 現行レンズの4分の1の価格ながら、上品な描写

投稿日:

1993年11月発売のCanonの大三元の初代Lレンズ、EF 28-70mm F2.8 L USMで台北のネコを撮りました。

いつもスクーターに乗ってる台湾のネコ

スクーターの上でくつろぐ台湾の猫の写真

Canon EOS 6D + EF 28-70mm F2.8 L USM

どこかの家が飼っているのか、それとも近所の人たちに可愛がられているのか、ぜんぜん人を恐れません。台湾の野良猫は警戒心が強いので、飼猫の気がします。

スクーターの上で笑顔でくつろぐ台湾の猫の写真

Canon EOS 6D + EF 28-70mm F2.8 L USM

初代F2.8通しの大三元Lズームレンズの描写

このLレンズ、20年以上前のレンズとはいえ、繊細かつシャープな写真がとれます。

個人的には現代のカリカリ超解像度の描写より好みかもしれません。特に独特の色乗りの良さがすばらしい。

スクーターの上で寝転ぶ台湾の猫の写真

Canon EOS 6D + EF 28-70mm F2.8 L USM

中古なら5万円くらいから買えます。

今では製造できない有鉛のクリスタルガラスを使っているため、現行製品には出せない色を出すとも言われて、現在でもこのレンズを使い続けている人もいるそうです。

私は20万円もする最新のF2.8ズームを買えません。

でも5万円くらいならなんとか買えるので、あこがれの大三元F2.8通しのLズームレンズを買いました。

最新型と違うのは広角の画角で、最新型は24mmスタートなのに対して初代のは28mmスタートです。

初代Lズームと最新型との違い

スポンサーリンク

私は広角レンズは他に持っているし、標準ズームレンズとして使うなら28mmスタートで問題無いので、いい買い物したと思っています。

この初代のLレンズ、さすがに20年以上前のものだけあって、中玉が曇っているモノが多いそうです。買う時は曇りがないか、しっかり確認してから買うようにしてください。私のはぜんぜん曇ってなくてピカピカです。大事に使っていこうと思います。

Lレンズには35mmフルサイズのカメラ

このレンズを使う場合、やはり35mmフルサイズでないと真価を発揮できません。そのフルサイズも一昔前まで30万円以上だったのに半額以下になりました。

Canon EOS 6D Mark 2 もうすぐ発売

もうすぐCanonがEOS 6D Mark 2が発表されるという噂があります。

初代6Dが2012年発売で、5年も売れ続けているロングセラーなのを考えると、そろそろ本当に出そうです。

5年の時を経て、かなり機能は強化されそうです。EOS 6D Mark 2はAFポイントが45点と大幅に増え、バリアングル液晶搭載とのこと。

AFポイントが増えるのはうれしいですが、初代6Dでも何とかなります。あとバリアングルもなければないで構わないです。ただEOS 6D Mark 2には確実に「デュアルピクセルCMOSセンサー」が搭載されるでしょう。

この「デュアルピクセルCMOSセンサー」が搭載されていると、ミラーレス一眼カメラのようにライブビューで撮ることができます。

初代6Dでもライブビュー撮影はできますが、オートフォーカスが遅すぎて、あまり使い物になりません。

やはり写真は光学ファインダーで撮るのが楽しいものの、時々ライブビューが活躍すること場面も多いです。

しかもバリアングルなら鬼に金棒と言ったところ。今の初代6Dに不満はありませんが、価格次第では買い増したいところです。

でもこれだけ機能UPしたら、25万円くらいになりそうで、そうなるとおいそれと手が出せません。。

初代のLズームと同じく20数年前に発売された EF 50mm F1.4 USM の魅力も再発見している最中なので、また書いていきたいです。







-写真
-, ,

Copyright© 明柳書房 , 2017 All Rights Reserved.