ワンピース

『ワンピース』917話で「くいな」が革命軍として「ワノ国」に現れる?!ネタバレ考察【最新話】

更新日:

こんにちは! 月に100冊以上マンガを読むことぶき@akitoshijp )です。

ゾロの幼なじみで、ゾロが世界一の剣豪を目指すきっかけとなった「くいな」が、数字に合わせて917(くいな)話で登場するのではないかとネットで話題となっています。

ゾロが持つ、くいなの形見である刀もワノ国産ですし、サムライも登場するので、その可能性は高いです。

くいな生存、ゾロの前に現れる?

ネット上でもささやかれている噂ですが、『ワンピース』1巻の第5話「海賊王と大剣豪」で登場したゾロの子供の頃のライバル・くいなが登場するのではないかと言われています。

くいな:『ワンピース』5話「海賊王と大剣豪」より引用

くいな:『ワンピース』5話「海賊王と大剣豪」より引用

くいなは当時ゾロよりも強く、ゾロと共に世界一の剣豪を目指そうとしていた仲でした。

くいなは「女性では強い剣豪になれない」と思い込んでいて、その悩みをゾロに打ち明けた翌日、自宅の階段から落ちて死んでしまいました。

ゾロが持っている刀、「和道一文字」はくいなの形見です。

ことぶき
ただ『ワンピース』作品世界のなかで、階段から落ちるくらいのダメージで死んだ人物はいません。くいなが階段から落ちて命を失う直接の描写もありません。

くいなの顔に白い布がかけられて寝ているという描写はありますが、仮死状態になっていたとも考えられます。

ことぶき
漫画の文法として、白ひげやエースのように実際に絶命する描写が無い場合、生存の可能性がかなり高いんですよね。

くいなは生きているのではないかという考察はずっとありました。

たしぎとくいなは同一人物なのだろうか?

一番語られていたのが、くいなと瓜二つの女性「たしぎ」の存在です。

たしぎは敵側である海軍に所属しているので、くいなではなさそうですが、くいなは生き残ったものの記憶を失ってしまったのではないかと言われていました。

ことぶき
しかし、SBSでたしぎの幼い頃の様子が描かれ、子供のたしぎはメガネをかけていたので、やはりくいなとたしぎは別人ではないかと思われます。

そこで、くいなは生きているのものの、別の場所にいるという考察があり、それが刀のふるさとである「ワノ国」ではないかと言われていました。

くいなは光月家と関係があるため死んだことにされた?

くいなはワノ国の大名「光月家」と関係があるため、死んだことにされたのではないかとも言われています。

光月一族は「石工」の一族でポーネグリフを作成した一族であり、世界政府や海賊達から狙われています。

くいなもその光月家の血族であるため、死んだことにされ、ワノ国へ連れ戻されてのではないかというのです。

くいなは革命軍に入って活動している?

くいなが革命軍に入って活動しているのではないかという考察もあります。

ことぶき
革命軍にはルフィの父ドラゴンやカマバッカ王国のイワンコフ、サボがいますが「そこにくいながなぜ?」と思いましたが、これがけっこう蓋然性が高い考察なんじゃないかと思います。

『ワンピース』の扉絵で、くいなの父親・コウシロウが墓参りに行っている場面が描かれたことがあります。

コウシロウの墓参り。くいなとイワンコフの墓?:『ワンピース』扉絵より引用

コウシロウの墓参り。くいなとイワンコフの墓?:『ワンピース』扉絵より引用

扉絵の説明書きも「くいなに報告」となっています。

その墓がある場所は、寺のような和風建築があり、墓の様式も日本の墓石で灯籠もあります。

ことぶき
この墓地は「ワノ国」にあるか、ワノ国に関係が深いのではないでしょうか。コウシロウのもともと服装もワノ国的ですし、ワノ国出身なのかも!

そして、その墓石には「くいなの墓」と書かれています。

注目すべきは、くいなの墓の後ろにある墓石に「イワン~~~~」と前半だけ判別できる文字が書かれています。

作中で「イワン」で始まる名前の人物と言えば、革命軍の「イワンコフ」に他なりません。

しかし、イワンコフは元気に生きています。

ことぶき
ということは、イワンコフは何らかの理由で一度死んだことにして、革命軍で活躍するようになったと言うことでは無いでしょうか。
ことぶき
そして、イワンコフと同じように、くいなも一度死んだことにして革命軍に入っているという可能性も高いです。

イワンコフとの関わりで気になってくるのことは、くいなが「女性であるから強い剣士になれない」と悩んでいたことです。

イワンコフは「ホルホルの実」の能力で、人間の性別を変えることができます。

もしかしたら、くいなはイワンコフに頼んで男性に変えてもらったのかもしれません。

ことぶき
くいながもしゾロの前にもういちど現れるとしたら、男性の姿と言うこともありえますね。

となると、くいなの父・コウシロウも革命軍に関連しているし、ワノ国にも革命軍の仲間が忍び込んでいるかもしれません。

ことぶき
忍び、忍者、くノ一、ワノ国には欠かせないモチーフです。お茶屋の看板娘「お菊」がお玉がなりたいといっていた「妖艶なくノ一」なのかもしれませんね。

この考察が当たっていても当たっていなくても、20年以上続いた『ワンピース』の一巻目の内容と最新の「ワノ国編」が関連しているかもしれないという考察ができる作品のボリュームと深さがすごいですね。

-ワンピース
-ジャンプ, 感想, 考察

Copyright© 鋼鉄書房 , 2018 All Rights Reserved.