ワンピース

ワンピース 927-928考察 感想【最新話】花魁「小紫」と禿「おトコ」登場!オロチの姿も明らかに ネタバレ有レビュー

更新日:

こんにちは! 月に50冊以上マンガを読むことぶき@akitoshijp )です。

『ワンピース』【最新話】930話ではサンジ VS ドレーク・ページワンの戦いが始まる?えびす町の秘密とは?

930話の考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

『ワンピース』のコミックス【最新巻】91巻の考察と感想(ネタバレ有レビュー)まとめはこちらを見てください。

12月10日(月)発売『週刊少年ジャンプ 2号」掲載『ワンピース』927話「禿《かむろ》のおトコ」を読みました。

ことぶき
以下ネタバレありの考察と感想(レビュー)なので、未読の方はご注意ください。

本記事では927話 後半の「禿のおトコ」と花魁「小紫」、将軍オロチの正体の考察と感想(ネタバレ有レビュー)を書いています。

前半のサンジの「十八番ソバ」と「居眠り狂死郎一家」の考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

926話「囚人採掘場」の考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。


926-2
サンジ(サン五郎):『ワンピース』926話「囚人採掘場」より引用
ワンピース 927-926考察 感想【最新話】ルフィとキッドが共闘、カバのスマイル・ドボンとの戦い ネタバレ有レビュー

12月3日(月)発売『週刊少年ジャンプ 1号」掲載『ワンピース』926話「囚人採掘場」を読みました。 926話「囚人採掘 ...

続きを見る

狂死郎一家 VS サンジ・フランキー

狂死郎一家はヤクザのシノギの常套手段「みかじめ料」を要求しますが、もちろんサンジは拒否します。

ことぶき
居眠り狂死郎 一家はこうして違法な手段で荒稼ぎしつつ、ヤミ金も真っ青な手法で金を貯めて将軍・黒炭オロチに取り入ったのでしょう。

みかじめ料を拒否された狂死郎一家は見せしめとしてソバの屋台をぶっ壊してしまいます。

十八番ソバが食べられなくなった子供は大泣き、キレるサンジ。

当然のごとく狂死郎一家と戦いになるわけですが、たんなるチンピラなので、サンジは秒殺してしまいます。

ことぶき
サンジは食べ物を粗末にする人間に対しては、怒りで通常時より攻撃力が増していますが、それにしても狂死郎一家 弱すぎでしょう。

カク、クニ、スケは下っ端だからこんなに弱いのか、それともインテリヤクザみたいな狂死郎自体も弱いのか、まだ分かりません。

ただ、狂死郎はそんなに強くなさそうなオーラです。

禿《かむろ》のおトコちゃん登場

狂死郎一家のチンピラが倒されたことで、狂死郎一家が大量に報復にくると恐れた人たちはクモの子を散らすようににげましたが、さっきソバを台無しにされて泣いていた子供が残っていました。

子供の名前は「トコ」。

禿の「おトコ」:『ワンピース』927話「禿のおトコ」より引用

禿の「おトコ」:『ワンピース』927話「禿のおトコ」より引用

ことぶき
ワノ国の慣習では、「お菊」や「お鶴」のように女子の名前の前には「お」が付くので、「おトコ」になります。

子供だから性別がまだどちらとも取れる感じですが、「トコ」は女子のようです。

この「おトコ」ちゃん、実は禿《かむろ》とのこと。

禿とは

禿は「ハゲ」という読み方もあり、その読み方の場合は、そのまま髪が全然ないという意味です。

禿は「かむろ・かぶろ」という読み方もあり、その場合は

  1. 子供の髪を肩まで短く切りそろえたもの。また、そのような髪型をした子供。
  2. 江戸時代の遊郭に住む童女のこと

という二つの意味があります。

ことぶき
おトコは髪を短く切りそろえた子供でもありますが、小紫《こむらさき》という芸者の付き人のようです。

小紫の話題が出てくると、ロビンの芸者の師匠・通称「提灯ババー」が急に登場します。a1;

妙に協力的なこの老婆ですが、ワノ国で諜報活動をしている「錦えもん」一派なのでしょうか。

ことぶき
もし錦えもん達たちの計画に協力してくれるようなら、長年の芸者生活で情報網が半端ないので、強力な助っ人になります。

花魁「小紫」の花魁道中

「花魁《おいらん》というのは

  • ワノ国のトップアイドル
  • スーパースター

であるとのこと。

その中でも「小紫《こむらさき》」はカリスマ的人気を誇っています。

教養にあふれる小紫は「傾城の美女」であり、「女の完全体」であると大絶賛されています。

ことぶき
単に美しいだけではなく、教養を身につけた文化人というところ、小紫「太夫」と呼ばれているところから、江戸時代日本の花魁とほぼ同じと行っても良いでしょう。

「提灯ババー」はオロチ城で将軍の宴が開かれることとなり、そこに小紫は呼ばれていること、ロビンも同じ屋敷に呼ばれていることを伝え、「花魁道中《おいらんどうちゅう》」が行われていることを伝えます。

花魁道中というのは、江戸時代の遊郭で、花魁が禿を引き連れ、客を迎えに行ったことを指します。

ことぶき
小紫は先ほど登場した「おトコ」たち禿を引き連れて、オロチ城へ向かいます。

その道中、小紫通過で「20人以上の男が失神・出血・視覚障害」という事態が起こっていました。

ことぶき
普通の男でこんな状況になってしまうなら、サンジが見たら出血多量かショックで即死してしまうんじゃないでしょうか。

オロチ城の黒炭オロチ将軍の正体はやはりヤマタノオロチ?

オロチ城は花の都「左京」にあります。

ワノ国の都も日本の京都のように「右京」「左京」となっているようです。

ことぶき
京都は平安時代に遷都が行われ、唐の長安をモデルとして条坊制が敷かれました。朱雀大路より東側の部分が左京となり、西側が右京となっていました。
ことぶき
左京に将軍・黒炭オロチの城があると言うことは、ワノ国では右京より左京のほうが繁栄しているということでしょう。

ワノ国の都市のモデルとなったと考えられる京都でも、右京は湿地帯で人が住むのに適さず、大きな建物も建てられませんでした。

そのため平安京遷都から100年あまりで人も少なくなり、すぐに衰退してしまいました。

ことぶき
慶滋保胤の「池庭記」を見ると、当時の右京・左京の状況がよく分かります。

ワノ国の右京も同じように衰退している可能性もありますね。

サンジが狂死郎一家のスケ・カク・クニを倒した情報が狂死郎に報告され、狂死郎は「クイーン」に連絡し、刺客を送らせるように指示します。

ことぶき
居眠り狂死郎は百獣海賊団「大看板」のクイーン、キング、ジャックを動かせるということは立場的には「大看板」より上の存在なんでしょうか。

それだけ金の力で将軍・黒炭オロチに取り入っていると考えられ、悪徳商人なだけではなく、武器を扱う「死の商人」の側面もありそうです。

狂死郎が将軍に花魁・黒炭オロチが向かっていることを報告すると、オロチは小紫を今日こそ落としてみせるとご執心です。

障子に移る黒炭オロチのシルエットは「多頭の竜」の姿です。

将軍・黒炭オロチのシルエット:『ワンピース』927話「禿のおトコ」より引用

将軍・黒炭オロチのシルエット:『ワンピース』927話「禿のおトコ」より引用

ことぶき
黒炭オロチという名前から「ヤマタノオロチ(八岐大蛇)」と関係があると考察してきましたが、外見的にはそのまま「ヤマタノオロチ」っぽいです。

カイドウは「巨大な龍」でしたが、黒炭オロチも「多頭の龍」で、キャラがちょっとかぶっていますね。

『ワンピース』928話 展開予想

『ワンピース』928話の考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

今回、シルエットだけ公開された「黒炭オロチ』。

すぐにルフィたち「麦わらの一味」と戦闘になると言うことはないでしょう。

ルフィはカイドウを殴っても、全然効かず、カイドウの「雷鳴八卦」で一撃でやられてしまい、全く歯が立ちませんでした。

ことぶき
黒炭オロチも外見の禍々しさから、カイドウに準ずる強さを誇ると考えられます。

ただ、黒炭オロチは花魁の「小紫」を力で無理矢理我が物にしようとせず、あくまで正攻法で口説こうとしています。

ことぶき
誇り高き花魁は、無理矢理手籠めにされるくらいなら死を選ぶという気概があるとか、正攻法で行くしかないのかもしれません。

その花魁「小紫」は、練り歩くだけで失神者が続出したり、ワノ国一のスーパーアイドルということは分かりましたが、結局今回は顔も分かりませんでした。

928話では「小紫」の顔も明かされるのでしょうか。

小紫が将軍・オロチのモノにならないというのは、芸者としての駆け引きというよりも、オロチやカイドウに対する反抗心なのかもしれますね。

そうすると、小紫は光月家に連なる人物の可能性があり、ルフィたちや錦えもんの味方になるという展開も考えられるでしょう。

ロビンも小紫と同じ座敷に上がるようなので、そこで勧誘できるかも。

ナミとしのぶは?

麦わらの一味のナミと妖艶なくのいち「しのぶ」は敵の根拠地で情報収集をして、忍法「大凧」で逃げています。

ことぶき
この後、ロビンやウソップたちに合流して、錦えもんの計画を進めるのだと思います。

ブルックは幽霊の格好をしたままどこに行ったのか、チョッパーはどうなったのかはまだ分からないので、「麦わらの一味」勢ぞろいにはまだまだ時間がかかりそうです。

ルフィとキッド、兎丼の看守長との戦いか?

ルフィとキッドは兎丼の監獄の副看守長・カバのスマイルであるドボンを一瞬で倒しました。

ことぶき
今度は看守長との戦いが始まりそうですが、スマイル相手であればルフィとキッドの敵ではなさそうです。

理想的な展開としては、兎丼に収監されていた罪人たちを引き連れて、鬼ヶ島に殴り込みをかけることでしょう。

ことぶき
監獄の中には、光月家に与し、カイドウや将軍に反抗したために罪とされた人が多くいるでしょうから、その可能性も高いです。
91巻
『ワンピース』91巻「侍の国の冒険」表紙より引用
ワンピース 91巻 考察 感想 ワノ国編突入!お玉、お鶴、お菊という3人のヒロイン ネタバレ有レビュー

『ワンピース』91巻に収録の各話の考察をまとめました。 『ワンピース』91巻は12月4日(火曜日)に発売されました。 こ ...

続きを見る

-ワンピース
-ジャンプ, ネタバレ, レビュー, 感想, 批評, 研究, 考察

Copyright© 鋼鉄書房 , 2019 All Rights Reserved.