ワンピース

ワンピース 961-962 ネタバレ考察 感想 光月おでんが二刀流で山の神と対決、オロチが意外な姿で登場【最新話】レビュー

こんにちは! 月に50冊以上マンガを読むことぶき@akitoshijp )です。

2019年11月2日 土曜日 発売の『週刊少年ジャンプ 第49号』収録のワンピース 961話「山の神事件」を読みました。

本記事では961話と962話以降の考察を行っています。

ことぶき
以下ネタバレありの考察と感想(レビュー)なので、未読の方はご注意ください。

錦えもんが大きくて白いイノシシである「山の神」の子供をさらってしまったことにより、山の神が「花の都」を襲うこととなりました。

錦えもん VS 山の神 バトルの行方は?

都が危ないと、光月おでんが子イノシシを山の神に帰そうとしますが、錦えもんは拒否。

ことぶき
錦えもんによると、子イノシシは「一白金(いちはっきん)」にかわるほどの、値段だとのこと。家が買えるほどの大金なので、現代の価値でいう一千万円くらいでしょうか。

錦えもんはお鶴ちゃんから財布を盗もうとしていたくらい窮乏していて、さらに借金までしているようで、それを返すためにイノシシを手放そうとしません。

傳ジローは伝説の暴れ者「光月おでん」を見て、「全ての愚かな大人たちを見下すおれが唯一尊敬する男」と憧れの目で見ています。

ことぶき
傳ジローは錦えもんに比べるとまともそうに見えましたが、中身はかなり歪んでいるみたいですね。

錦えもんが小さな「白猪(しろいのしし)」を神に返そうとしないため、山の神の怒りは収まりません。

山の神は都の建物を壊すだけでなく、家と人を丸呑みしていきます。

ことぶき
山の神は『もののけ姫』のシシガミのようだと前に書きましたが、それよりもさらに凶悪です。

お鶴を助けるため、錦えもん奮闘

なんとあのお茶屋の看板娘「お鶴ちゃん」も山の神に丸呑みされてしまいました。

お鶴を丸呑みにされてしまったことで、錦えもんは激昂。

ことぶき
若い頃の錦えもんは金髪な事もあり、ゾロに雰囲気が似ています。

しかし、山の神は巨大すぎるので、ダメージをほとんど与えることが出来ません。

そこで山の神の前に颯爽と現れる光月おでん。

町の人たちは、光月おでんが「白猪」を持ってきたため、災いをもたらしたと思ってしまいます。

ことぶき
おでんは錦えもんに町の人の敵意が向かわないよう、わざと自分が罪を被った形です。

光月おでんは「二刀流」その実力は?

光月おでんは向かってくる「山の神」に対して、「おでん二刀流」で対抗します。

光月おでんは二本の刀を遺していましたが、使い分けるのではなく二刀流だったんですね。

おでんはその二振りの太刀を使って「桃源」&「白滝」という技を喰らわせます。

山の神は一刀両断され、飲み込まれた人も戻ってきたようです。

ことぶき
騒ぎを聞きつけて、花のヒョウ五郎親分も来ていて、もしものときには神と戦う予定のようでした。

錦えもんは事件の真相を言おうとしますが、無粋なことをするなと光月おでんに阻止されます。

ここで、おでんのもとに幕府からの使いが届き将軍から「絶縁」「都追放」の連絡が届きます。

光月おでんは、錦えもんが起こした事件の罪を一人で被ったかたちとなり、それがワノ国「山の国事件」(おでん18歳)となりました。

ことぶき
それを考えると、今まで光月おでんが起こしてきた事件も冤罪がありそうです。

罪を被ってもらった錦えもんは「お鶴 おれは あの人のためなら死ねる」と大号泣。

傳ジローも同感で追放された光月おでんに付いていきます。

ことぶき
ここで錦えもんとお鶴が恋仲となり、結婚するのかと思いましたが、それはまた別の話のようです。

花の都の男も光月おでんのかっこよさにつられて、付いていきたいところを抑えています。

霜月康イエの部下が後の将軍「黒炭オロチ」?

花の都を追放された光月おでんは、白舞《はくまい》に向かうことにしたようです。

ワノ国「白舞」では当時・大名の霜月康イエが統治していました。

ことぶき
後の太鼓持ちのヤスですね。このころは精悍な顔で体格もガッシリとしています。

その霜月康イエのところに控えている怪しげな男がいます。

その怪しげな男こそ「黒炭オロチ」でした。

オロチはなんともともと霜月康イエが拾ってきた「コマ使い」とのこと。

コマ(独楽)使いということは、大道芸人のようなものでしょうか。

この時は、オロチがまさに太鼓持ちの役割をしていて、とにかくニヤニヤした笑顔で低姿勢に接しています。

ワンピース 962話 黒炭オロチはどうワノ国を乗っ取っていったのか?

今まで光月家がどう黒炭オロチに乗っ取られたのかが不明でした。

オロチの来歴も不明でしたが、その一端が明らかになりました。

オロチのあの笑顔の下に、どんな悪辣な計画が潜んでいるのでしょうか。

ことぶき
両替商・居眠り狂死郎と組んで、金と資本の力でワノ国を侵食していくのでしょうか。

この時点でのワノ国にはまだ工業化している形跡はありません。

オロチが工業化を推進し、カイドウ入国でその支配が確立されることになるのかも知れません。

-ワンピース
-ジャンプ, ネタバレ, 感想, 考察

Copyright© 鋼鉄書房 , 2019 All Rights Reserved.