ワンピース

『ワンピース』907話 ネタバレ考察「虚の玉座」カイドウ、ビッグ・マム登場、五老星の前に現れた人物はシャンクス?908話 あらすじ感想 画バレ 確定

投稿日:2018-06-08 更新日:




こんにちは! 月に100冊以上マンガを読むことぶき@kotobukujp )です。

908話のネタバレ考察はこちらを見て下さい。

2018年6月11日(月)発売の『週刊少年ジャンプ 28号』掲載の尾田栄一郎『ワンピース』907話「虚の玉座」を読みました。

906話「聖地マリージョア」のネタバレ考察はこちらを見て下さい。

ビッグ・マム完全復活!復讐に燃えるビッグ・マム

907話はビッグ・マムの住む「ホールケーキアイランド」からはじまります。

謎の人物が

何の冗談だ!? 断る!!!

と怒号をあげています。

玉座に座ってお菓子の取り巻きにかこまれているビッグ・マムは

おめェに用があるんじゃねェよ
麦わらの首はおれが取らねェと
顔潰れっぱなしだってんだよ!!

と、麦わらにサンジとプリンの結婚式を潰されまんまとナワバリから逃げられたことを根に持っているようです。

ビッグ・マム:『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

ビッグ・マム:『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

ビッグ・マム海賊団は、ルフィたち「麦わらの一味」とイチジ・ニジ等の「ジェルマ66(ダブルシックス)」にかなりのダメージを受けているはずですが、もう立ち直って復讐に燃えています。

ルフィの手配書にナイフをブッ刺しているところを見ると、怒りは頂点に達しているようです。

ことぶき
しばらくビッグ・マムは出てこないだろうと思っていたので、この早期の復活は意外です。さすが四皇の一角です。

スポンサーリンク

ビッグ・マムの電話相手は「四皇」の「百獣のカイドウ」!

ビッグ・マムは電話の相手に

返して貰わなきゃならねェものもある……!!

と言います。

そして、

お前おれにでかい借りがあるよね
カイドウ

と言い、電話の相手が「四皇」の一人・「百獣のカイドウ」ということが分かります。

カイドウとビッグ・マム:『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

カイドウとビッグ・マム:『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

カイドウは「借り」に対して、「昔の話だ!!」と言いますが、
ビッグ・マムは「いや 一生の恩さ…」と言います。

その言葉により、カイドウは「…………!!」と言葉を失います。

この時点では、どんな「借り」なのかは分かりませんが、カイドウがどうやらビッグ・マムに弱みを握られているようなことは間違いないようです。

カイドウは「来るなら殺すぞ」とビッグ・マムを逆に恫喝《どうかつ》します。

四皇「百獣のカイドウ」:『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

四皇「百獣のカイドウ」:『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

ビッグ・マムは、そんなカイドウの脅しにも構わず、

やってみな
相談じゃねェ 一報入れてやったのさ
いいね 「麦わら」の首はおれが取る…!!
仲良く行こうぜ 昔みたいに…!!!(ドン!!)

と返事をし四皇の対話は終わります。

四皇 ビッグ・マム:『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

四皇 ビッグ・マム:『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

ビッグ・マムとカイドウの通話を傍受していた海軍本部は、慌てて「大将」「七武海」を派遣しようとします。

海軍本部大将「黄猿(ボルサリーノ)」が赤犬(サカズキ)に「わっしが行こうか?」といいますが、サカズキはワノ国の未知の兵力「侍(サムライ)」を警戒し、様子を見ることにします。

黄猿(ボルサリーノ)と赤犬(サカズキ):『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

黄猿(ボルサリーノ)と赤犬(サカズキ):『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

赤い港(レッドポート)の海軍はビッグ・マムとカイドウの接触の話題で大騒ぎです。

桃兎《ももうさぎ》は、四皇であるビッグ・マムとカイドウに狙われているルフィを心配していないガープ(ルフィの祖父)にたいして怒っています。

茶豚《ちゃとん》も全然深刻に考えていないようです。

ヒナはガープが「英雄」と呼ばれるようになった由来は「ロックス」にあり、ロジャーの時代になる前(40年前)はビッグ・マムとカイドウ、そしてロックスの時代だったと語られます。

ヒナは「ロックス」が船長を失っても力は増しているため、心配しています。

しかし、ガープは心配しても無駄で、

事件は必ずわしらの想像をこえてゆく

と言いつつニヤニヤしています。

ヒナとガープ:『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

ヒナとガープ:『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

「虚の玉座」の由来と「誓いの儀式」のステリーの反応とは?

聖地マリージョアの「パンゲア城」の「虚《から》の玉座」の前で「誓いの儀式」が行われています。

儀式をよく分かっていないステリーは、「玉座に座ってもいいか」と尋ねますが、止められます。

この誰も座らない「虚の玉座」は各国の王たちが皆「平等」で独裁欲は持たないという象徴として機能しています。

玉座の周りに刺された20本の武器世界を創造した20人が800年前に立てた誓いのシンボルです。

虚の玉座は

世界の中心であり誰も座る事が出来ない平和の証
世界最高の権力者が天竜人の最高位「五老星」であるように
この世界にたった一人の「王」などいない

ということを表しています。

虚の玉座:『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

虚の玉座:『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

その素晴らしい理念を聞いたステリーは

座りてェ~~~~~!!!

と思うばかり。

ことぶき
ステリーは自分の欲望にとことん正直なクズで小物ですが、なかなか憎めないところがあります。

しらほしが天竜人のチャルロス聖に捕まりそうになったとき助けに来た人物とは?

「パンゲア城」の「社交の広場」では人魚姫しらほしが天竜人(世界貴族)チャルロス聖に捕まえられそうになっています。

チャルロス聖(天竜人):『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

チャルロス聖(天竜人):『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

ことぶき
巨大なしらほしですが、チャルロス聖の奴隷3号の力になすすべがありません。

アラバスタ王女ビビとドレスローザの侍女レベッカ、レオも助けに入ろうとしますが、止められます。

そこに現れたのがサイファーポール「イージス」ゼロ(CP0)

  1. ロブ・ルッチ
  2. カク
  3. ステューシー

でした。

サイファーポール「イージス」ゼロ(CP0)ロブ・ルッチ、ステューシー、カク:『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

サイファーポール「イージス」ゼロ(CP0)ロブ・ルッチ、ステューシー、カク:『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

ことぶき
ステューシーはビッグ・マムのところにスパイとして潜入していましたね。

もし、ここでサイファーポール(CP0)が止めなければ、ビビやレベッカ、レオの国は天竜人によって滅ぼされてしまっていたでしょう。

天竜人の代弁者であるルッチは

天竜人はこの世界を創造した「神」
ここにいるのはいわば「下界の王達」
「神」が欲する者は全て差し出すのは必然

と言います。

ネプチューン王は娘であるしらほしを取り戻そうとチャルロス聖に殴りかかります。

ことぶき
ネプチューン王は妻オトヒメの願いを思い出しますが、娘の危機には動かざるをえません

ネプチューン王がチャルロス聖を殴ってしまえば、魚人国も天竜人に滅ぼされてしまいます。

そのとき、

やめろチャルロス!!!

と棍棒でチャルロス聖をぶっとばす人物が現れます。

その謎の人物は「同じ天竜人として恥ずかしい!! どうか許してくれ!!」と謝ります。

チャルロスを殴った人物は天竜人のドンキホーテ・ミョスガルド聖でした。

ドンキホーテ・ミョスガルド聖(天竜人):『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

ドンキホーテ・ミョスガルド聖(天竜人):『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

ことぶき
ミョスガルド聖は10年前に魚人島に漂着しオトヒメ王妃に諭されて、改心した天竜人でした。
ことぶき
ミョスガルド聖はなんと「ドンキホーテ」一族でした。現在、インペルダウンに収監されているドンキホーテ・ドフラミンゴと親戚関係にあるのでしょうか。

ミョスガルド聖はネプチューン王に「全力であなた方の力になりたい!!!」と申し出ます。

しらほしの「タイヨウのもとに魚人のみんなを連れてきたい」という願いが叶えられると良いのですが。

五老星のもとにあらわれたシャンクスの話とは?

パンゲア城の「権力の間」では世界会議(レヴェリー)に備えて、世界最高権力「五老星(ごろうせい)」が揃っています。

五老星(世界最高権力):『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

五老星(世界最高権力):『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

そこに現れたのは、なんと四皇の一角でルフィに「麦わら帽子」を授けた男・赤髪のシャンクスでした。

四皇「赤髪のシャンクス」:『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

四皇「赤髪のシャンクス」:『ワンピース』907話「虚の玉座」より引用

なぜ世界会議前の聖地マリージョアにシャンクスがいるのでしょう。

五老星は「今はレヴェリー、立場上君は政治に関わるべきではないぞ」、さらに「君だから時間を取った」とシャンクスと深いつながりがあることを示唆します。

シャンクスは「ええ感謝しています」と、かなり丁寧な口調で答え、「ある海賊について話が…(ドン!!)」と話しはじめます。

ことぶき
ここの描写だけ見ると、海賊で四皇の一角・シャンクスと世界政府の五老星は裏でつながっているのは間違いないようです。

しかも、シャンクスより五老星のほうが立場が上のような感じで、かなりショッキングです。

ルフィがこのことを知ると、落胆するでしょう。

気になるのがシャンクスがこれから話そうとしている「ある海賊」とは誰かということ。

現在、世界で話題となっているのは「四皇」ビッグ・マム海賊団と互角に戦い、名を挙げ「五番目の皇帝(五皇)」となったルフィです。

シャンクスもニュースを見てこのことは知っており、ビッグ・マムとカイドウの動きも察知しているでしょう。

ビッグ・マムとカイドウに挟撃され、ピンチになると予想されるルフィを助けようというのでしょうか。

謎は深まるばかりです。

『ワンピース』907話「虚の玉座」まとめ

907話「虚の玉座」を簡単にまとめると

  • 四皇ビッグ・マムが四皇「百獣のカイドウ」に電話をかける
  • カイドウはビッグ・マムに大きな「借り」がある
  • 海軍がビッグ・マムとカイドウの通話を盗聴
  • ガープは40年前 ロックス、ビッグ・マム、カイドウと接触し、英雄と呼ばれるようになった
  • 聖地マリージョアの「虚の玉座」が登場
  • チャルロス聖しらほしをペットにしようとする
  • サイファーポール「イージス」ゼロ(CP0)登場
  • ドンキホーテ・ミョスガルド聖チャルロス聖を棍棒でぶっとばす
  • 五老星のところに四皇「赤髪のシャンクス」が現れる

となります。

ことぶき
四皇のうちビッグ・マム、カイドウ、シャンクスが登場しました。

『ワンピース』908話 ネタバレ考察 あらすじ感想

908話のネタバレ考察はこちらを見て下さい。

チャルロス聖がしらほしを捕まえて、ペットにしようとすることは予想できていました。

ことぶき
しかし、助けに来るのはサボ革命軍軍団長だと思っていたので、ミョスガルド聖が来るとは意外でした。

聖地マリージョアに潜入した革命軍はどこにいるのでしょうか。

それが明らかになるのが908話だと思います。

まず考えられるのが、トラベレーターの奴隷(囚人)など、聖地マリージョアに捕らえられている人を解放し、戦力にしようとしている部隊。

ことぶき
いくら革命軍が強いとはいえ、潜入した幹部たちだけでは多勢に無勢です。まず戦力確保に動いていると考えられます。

もしくは、一気に中枢を叩く部隊もいるでしょう。

サボは世界貴族の兵士に変身していますし、モーリーは壁に同化できることから、一気に五老星か世界貴族の重鎮を攻めるという動きをしているかもしれません。

ただ、聖地マリージョアには海軍大将の緑牛と藤虎がいます。

ことぶき
革命軍はこの二人の大将には苦戦するでしょう。

一方、ずっと出てこないルフィたち「麦わらの一味」もそろそろワノ国に着くでしょう。

ワノ国は現在、四皇「百獣のカイドウ」に制圧されています。

907話で明らかになったように、カイドウもルフィを倒そうとしているため、カイドウの軍とルフィたちがいきなり戦闘になる可能性が高いです。

ルフィがモモの助と配下のサムライを味方に付ければ、すぐ負けることはないでしょうが、かなり苦戦するでしょう。

『ワンピース』90巻に収録予定の901話~最新908話までをまとめました。

-ワンピース
-あらすじ, ジャンプ, ネタバレ, 感想, 画バレ, 考察

Copyright© 鋼鉄書房 , 2018 All Rights Reserved.