ワンピース

【最新話】911-912『ワンピース』ネタバレ考察「侍の国の冒険」お玉の能力とエースとの関係とは!? ホーキンスはカイドウの傘下?

更新日:




2018年7月14日(土)発売の『週刊少年ジャンプ33号』掲載911話を読みました。

910話では巨大なタコとコイに引っ張られてルフィ達が乗るサニー号はワノ国の浜辺に着きました。

船長のルフィだけはいますが、ナミやブルック、サンジの姿は見えません。

ルフィの前に現れたのは巨大な狛犬《こまいぬ》と狒々《ひひ》でした。

910話「いざワノ国へ」のネタバレ考察はこちらを見てください。


狒々と狛犬の鳴き声から考察できることとは?

ルフィの目の前でバトルを始める狛犬と狒々。狒々は刀を構えて

キャオオー!!!

と叫び、狛犬は

ワン!! ワン!!!

と吠えて、戦いを始めます。

狒々と狛犬の鳴き声:『ワンピース』911話「侍の国の冒険」より引用

狒々と狛犬の鳴き声:『ワンピース』911話「侍の国の冒険」より引用

ことぶき
この狒々は刀を持っていることから、悪魔の実の能力者が変身した姿ではないかと思いましたが、言葉をしゃべれないところを見ると、普通の動物なのかも知れません。

ワノ国はまだまだ未知なことが多く、生態系も全く分かりません。

狛犬は日本の神社にまつられていて、日本人なら誰もが知る神獣です。

ことぶき
狛犬は飛鳥時代に日本に伝来されました。そのときは犬ではなく獅子(ライオン)だったのですが日本にはライオンがいなかったため、大型の犬と見なされたようです。

そのため、「ワンワン」という鳴き声はちょっと違和感がありますが、ワノ国では狛犬っぽい犬が生息しているのでしょうか。

ちなみに2018年7月13日に大阪の浪速神社で撮った狛犬です。

大阪・浪速神社の狛犬

大阪・浪速神社の狛犬

ことぶき
やっぱりライオンっぽい鬣《たてがみ》をたたえていますが、犬のようなかわいらしさもありますね。

神獣と妖怪のバトルに対するルフィの反応とは?

こうして想像上の化け物・2体が目の前で戦っているのにもかかわらず、ルフィは相変わらずのマイペースで

「ノラ何」と「ノラ何」か知らねェけど
船にぶつかるなよお前達

と全く気にもとめません。

ことぶき
ふつう巨大怪獣の戦いが始まったら興味を持ちそうなものですが、ルフィは仲間のことのほうが大事なのでしょうね。刀も持っているのに、「ノラ」扱いとは。
ルフィと狛犬と狒々:『ワンピース』911話「侍の国の冒険」より引用

ルフィと狛犬と狒々:『ワンピース』911話「侍の国の冒険」より引用

ルフィは「あーそうだ 思い出したぞ!」と叫び、一体どうしてこんな状況になったのかを思い出します。

渦潮に巻き込まれた時のサンジとルフィの行動とは?

渦潮に巻き込まれたとき、サンジはナミとキャロット(女性キャラ)だけを連れて逃げようとしました。

チョッパーとブルックは重すぎるといって乗せないつもりです。

ことぶき
チョッパーは小型化してれば軽そうだし、ブルックは見た目通り骨だけで軽いのに薄情な話です。

しかし結局サンジもチョッパー達を見捨てることができるはずもなく、みんなをつれてルフィの膨らんだ腹をトランポリンにして逃れます。

ゴムゴムのトランポリン:『ワンピース』911話「侍の国の冒険」より引用

ゴムゴムのトランポリン:『ワンピース』911話「侍の国の冒険」より引用

ルフィもその後、逃げようとしますが謎のタコにつかまれて、逃げることができず渦潮に飲まれてしまったのです。

しかもルフィの安否を仲間に知らせる「ビブルカード」を海中でなくしてしまったようです。

ことぶき
これではルフィが死んだと思われて、また一騒動起りそうです。

狛犬の飼い主の少女を拉致する悪党と光月家の関係とは?

狛犬と狒々が戦う少し前、少女が米を奪われて竜に乗った悪漢《あっかん》に追われていました。

ことぶき
この悪漢は「真打ち」という人物に無線で連絡を取っています。真打ちといえば落語家の最高峰の称号です。一体どんな人物なのか、911話の最後で意外な人物が「真打ち」であることが明らかになります。

この少女は「モモの助」の一族「光月家」の「侍者《おもと》」と思われたため、遊郭に売られるか実刑を受けてしまう可能性があります。

ことぶき
モモの助たちの仲間と思われるだけで、裁判なしの実刑判決とは。どれだけ光月家が警戒されているか分かりますね。「遊郭《ゆうかく》」に売られるというのも、江戸時代っぽくて「ワノ国」的です。

狛犬と戦っている狒々はこの悪漢の用心棒で、狛犬は少女の仲間で「狛ちよ」ということが分かります。

この悪漢達はもともと少女を捕まえに来たのではなく、ワノ国への不法入国者・すなわちルフィを捕らえに来たようです。

ことぶき
ワノ国では不法入国者を捕らえて、労働力として奴隷化する政策が行われているようです。単なる鎖国より相当たちが悪いです。

悪漢たちはルフィの背後から麻酔銃を撃とうとしますが、ルフィはカタクリとの戦いで「見聞色の覇気」を身につけています。

あっさりと敵を撃破して、この少女「お玉」を助けました。

お玉:『ワンピース』911話「侍の国の冒険」より引用

お玉:『ワンピース』911話「侍の国の冒険」より引用

お玉という少女の驚きの能力とは?

お玉という少女は、自分のホッペタをちぎって「山の暴れ狒々《ひひ》」に食べさせて、仲間にしてしまいました。

お玉の能力「きびだんご」:『ワンピース』911話「侍の国の冒険」より引用

お玉の能力「きびだんご」:『ワンピース』911話「侍の国の冒険」より引用

ほっぺが取れるこの能力に、狛犬と狒々にも動じないルフィも目玉が飛び出すくらいビックリします。このヒヒは「ひひ丸」と名付けられます。

ことぶき
動物を仲間にする能力、桃太郎みたいですね。ほっぺの団子もそのまんま「きび団子」みたいです。ホッペタからコブをちぎるというのは『こぶとりじいさん』的な要素もあります。

「玉《たま》」によると、ここは「ワノ国」の九里《くり》という浜とのこと。

少女は待ちに買い物に出ていたときに真打ちと狒々に見つかって、狛犬が少女を守ろうと戦っていました。

ここで少女は「光月家」の名を出したため、より追われる立場となってしまったのです。

お玉の恩返しとワノ国の忍者

玉は命を助けてくれたルフィを「アニキ」としたって、恩返しを申し出ます。

ルフィは「聞きたいことがある」と言いますが、空腹の音から察した少女はご飯をごちそうすることにします。

玉は師匠と二人暮らしで、将来は女忍者「くノ一」になるつもりとのこと。

ことぶき
侍がいるということは、ワノ国ではニンジャも出ると思っていましたが、やはり出てきましたね!

ルフィは山盛りの白米の飯をごちそうになります。

ルフィの旺盛な食欲では足りないくらいですが、玉は自分は食べずに全部ルフィにふるまっているようです。

玉の師匠・天狗が激怒する理由とは?

そこへ玉の師匠と思われる天狗のような人物が現れます。

お玉の師匠「天狗」:『ワンピース』911話「侍の国の冒険」より引用

お玉の師匠「天狗」:『ワンピース』911話「侍の国の冒険」より引用

天狗は激怒し、玉が何日間も飯を食べていなかったことを明かします。

玉は自分はご飯を食べず、全部ルフィに振る舞って、川の水で空腹を紛らわしていました。

ことぶき
「武士は食わねど高楊枝」の精神で、恩返しを優先するとは、小さくても武士道を心得ています。

玉は笠を編む内職で金を貯めて、稗《ひえ》を食べる生活をしていて、米を食べることはめったにできないのです。

この日は玉の8歳の誕生日だからわざわざ米を買いに行っていたとのこと。

ことぶき
その米をルフィが食べてしまったので、天狗が怒るのは当然と言えます。

そこへ玉が来て、命の恩人のためにしたことだから許してくれと泣きつきました。

お玉が倒れた理由とルフィの義兄「エース」との関係とは?

師匠である天狗に泣きつきながら、玉は咳き込んで倒れてしまいました。

天狗によるとワノ国の川は「カイドウの工場排水によって汚染されている」とのこと。

玉のような小さい子供が飲むと、かなりの毒性なため、玉は倒れてしまったのです。

なぜ玉がこの毒の川の近くで暮らしているかというと、

「また来る」と約束した「エース」という名の海賊を待っている

からでした。

ワノ国の片隅で、思いもよらぬ義兄の名前を聞いたルフィは驚きます。

ことぶき
お玉も師匠の天狗も、エースの死をまだ知らないようですね。鎖国していて情報が入ってこないのでしょう。いずれルフィは義兄・エースの死をお玉に伝える辛い選択を迫られそうです。

バジル・ホーキンスはカイドウの傘下になったのか?

ルフィが漂着した「九里が浜」では、ルフィと同じ最悪の世代の一人「バジル・ホーキンス」が来ています。

バジル・ホーキンス:『ワンピース』911話「侍の国の冒険」より引用

バジル・ホーキンス:『ワンピース』911話「侍の国の冒険」より引用

ことぶき
先ほど、お玉を追っていた悪漢たちが「真打ち」と呼んでいたのはホーキンスのことでした。役職名からすると、かなりの重要な地位についていると考えられます。

ホーキンスは部下から不法入国者の情報を聞くと

カイドウさんには まだ伝えるな おれが行く

と答えています。

ことぶき
四皇・百獣のカイドウにカイドウ「さん」と敬称をつけて言っているところをみると、ホーキンスはカイドウの下で働いているということでしょうか。最悪の世代は誰かの下に付くというタイプはあまりいなかったので驚きです。

ホーキンスは「パンクハザード編」ユースタス・キッド、スクラッチメン、アブーと同盟を結ぼうとしていましたが、そのとき四皇・百獣のカイドウが空から落ちてきたときに接触しています。

ことぶき
間近で見るカイドウのパワーに触れたことで、カイドウに取り入ることを決めたのかもしれません。

『ワンピース』912話 展開予想

ルフィがなぜ一人だけサニー号と共に浜辺に打ち上げられたのかが分かれば、残りのナミ、チョッパー、ブルック、サンジがどうなったのか判明するでしょう。

ルフィとナミ達は分かれて行動するのか?

ことぶき
ここでルフィだけ単独行動となり、別々に錦えもんのところへ向かうようになるのでしょうか。

ワノ国の環境は未知の部分が多く、都にたどり着くまでにかなり苦労しそうです。

ワノ国のゾロ達の騒動はどうなる?ウソップ、フランキー、ロビンの動向

909話「切腹」ではゾロが役人を斬ってしまったため、大騒動が起こっています。

909話
ロビン(おロビ):『ワンピース』909話「切腹」より引用
『ワンピース』909話 ネタバレ考察「切腹」ワノ国のゾロ、フランキー、ウソップ、ロビンの動きは?

2018年7月2日発売の『週刊少年ジャンプ』31号掲載の『ワンピース』909話「切腹」を読みました。 908話「世界会議 ...

ことぶき
いくらゾロが強いとは言え、異国の警察組織相手では多勢に無勢なので、ウソップやフランキー、ロビンは加勢するでしょう。

錦えもんもゾロのアシストに入っていると思われ、ルフィ達と音信不通になってしまっています。

もしルフィやナミたちが無事ゾロ達のもとにたどり着けたとしても、そこではさらなる困難が待っているでしょう。

ワノ国編は桃太郎伝説に関連するストーリーとなる?

ネットでは「ワノ国編」は桃太郎物語に沿った話になるのではないかとささやかれています。

ことぶき
たしかに四皇「百獣のカイドウ」は鬼のような外見と雰囲気がありますし、カイドウが住んでいるところは「鬼ヶ島」と関連しています。

モモの助が「桃太郎」と対応し、ルフィはもちろん「猿(モンキー)」に対応します。

911話で登場した新キャラ、お玉が動物を仲間にできる能力があることが分かり、より桃太郎っぽい展開になってきました。

ことぶき
犬に対応するのが910話と911話で登場した狛犬、「狛ちよ」が対応するのかも。

ワノ国編では狒々や狛犬など、伝説上の神獣や妖怪が次々と現れていますので、「桃太郎」伝説に関連する人物や動物も登場すると思います。

-ワンピース
-あらすじ, ジャンプ, ネタバレ, 感想, 画バレ, 研究, 考察

Copyright© 鋼鉄書房 , 2018 All Rights Reserved.