ワンピース

ワンピース 991-992 ネタバレ考察 感想 カイドウの熱息(ボロブレス)が錦えもん達赤鞘九人男を襲う「死なせてくれ!!!」【最新話】

2020年9月28日 月曜日 発売の『週刊少年ジャンプ 第43号』収録の『ワンピース』991話「死なせてくれ!!!」を読みました。

『ワンピース』【最新話】992話「残党」では赤鞘九人男の波状攻撃&必殺技がカイドウにトドメを刺すか?!

992話「残党」の考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

本記事では991話と992話以降の考察を行っています。

『ワンピース』990話「孤軍」の考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

990話
『ワンピース』95巻 表紙より引用
ワンピース 990-991 ネタバレ考察 感想 ドレークが大ピンチに?ルフィ達との共闘なるか「孤軍」【最新話】

2020年9月14日 月曜日 発売の『週刊少年ジャンプ 第41号』収録の『ワンピース』990話「孤軍」を読みました。 本 ...

続きを見る

飛び六胞のドレークが、クイーン達にスパイであることがバレて、詰問されていたところを飛び出し、ついでにナンバーズを倒してしまいました。

ヒョウ五郎たちは百獣海賊団の幹部が同士討ちをしたことを奇妙に思っています。

ドレークは海軍の間諜(スパイ)であるわけですが、ルフィの幼なじみで義兄弟でもあるサボから以前ルフィについて

友達で居るとすごく近いのに敵対すると手の届かない場所に行ってしまう人で、人を引き寄せる力がある

と聞いていました。

ことぶき
ドレークはサボの言葉とワノ国でのルフィたちの行動を見て、共闘できると判断したのでしょう。

ルフィとドレーク、共闘はなるのか?

ルフィはドレークに「カイドウ倒したいのか」と聞くと、ドレークは

理由は話せないが目的は一致

していると言います。

ゾロは信じず、ドレークに切りかかる

ことぶき
ドレークはホーキンスと同じくカイドウの傘下ついたので、ゾロの反応は当然ですね。

フランキー、ジンベエも同じく信じません。

しかしルフィはあっさり

「いいぞ?味方で」

と同意。

ことぶき
結果的にルフィの判断は正しいのですが、この後先考えない懐の深さで今までここまで来ましたから、当然の反応ですね。

他の飛び六胞二人はウソップの

  1. 「必殺緑星」
  2. 「ドクロ爆発草」

を喰らいます。

ことぶき
ドクロ爆発草は完全にタイムボカンシリーズの大爆発で、結構なダメージがありそうです。

ナミの後ろに隠れて、ナミが攻撃したかのように偽装するウソップ。

ことぶき
割と強くなっても、恐竜相手はやはり怖いようです。

サンジとルフィはカイドウと戦っている錦えもんの所(鬼ヶ島要塞の頂上)へ急ぎます。

ナンバーズ

百獣海賊団情報屋(オンエア海賊団船長)のスクラッチメン・アプー(懸賞金3億5千万ベリー)は

  1. 四鬼《ジャキ》
  2. 五鬼《ゴーキ》
  3. 十鬼《ジューキ》

が倒されてしまったことを嘆いています。

ナンバーズは10人いて、いくつもの町を破壊してきたそうです。

本来は強いのですが、今は酒に酔っているから弱いのだと。

ことぶき
酒に酔ったところを討つというのは八岐大蛇の倒し方と同じで、神話でもよく見られます。

八茶《ハッチャ》という調教師が古代巨人族が本気で暴れたらすごいんだと、ナンバーズを持ち上げて投げつけてきます。

ことぶき
八茶《ハッチャ》はナンバーズと違って、本物の古代巨人族の末裔なのでしょうか。

しかし、その八茶《ハッチャ》はフランキーをロボットのおもちゃと思って追いかけはじめたので、精神年齢は低いようです。

ドレークとゾロにアプーが襲いかかると、ドレークは「元からゾロのことが嫌い、お前等のためじゃない」と言い、ゾロも「気が合うな。共闘成立」といきなり協力し始めます。

ことぶき
相手が嫌いという共通項があるから共闘とは、ゾロ達の思考はよく分かりません。

体勢を立て直したクイーンがガトリング砲でドレークを攻撃しますが小口径の弾でドレークの堅い恐竜の皮膚は破れなそうです。

ドレークもクイーンが無意味な攻撃をしてくる筈はないので、特殊弾ではないかと疑っています。

ことぶき
クイーンが用いるのは海楼石《かいろうせき》の弾なのかもしれません。小口径でも当たれば、悪魔の実が使えなくなり、かなり弱体化します。

カイドウ&ジャック VS 赤鞘九人男

鬼ヶ島の要塞の上ではカイドウと赤鞘九人男の死闘が繰り広げられています。

百獣海賊団の大看板である旱害のジャックが、ボロボロになって倒れます。

ジャックと言えば、ゾウ島を一人で壊滅寸前までに追い込んだ強敵。それを短時間でここまで削ってしまうとは。

カイドウはジャックが弱いだけではなく、スーロン(月の獅子)化したイヌアラシとネコマムシが強すぎるからと言ってます。

スーロン(月の獅子)化したイヌアラシとネコマムシはもはや元の面影がほとんどないくらい凶暴な姿になっています。

あのかわいいキャロットがスーロン(月の獅子)化しただけで、ビッグ・マム海賊団の船団を翻弄していましたから、ミンク族の領袖であるネコマムシとイヌアラシがスーロン(月の獅子)化すれば、その威力は相当なものとなります。

カイドウはスーロン(月の獅子)たちと味方軍勢の戦いを見届けてから、熱息(ボロブレス)を喰らわせます。

熱息(ボロブレス)は山を一座消滅させてしまうほどの威力があります。

カイドウは赤鞘九人男たちにも逃げ惑うしかないと打ちます。

しかし、錦えもんは逃げることなど考えたこともなかったと、狐火流「焔裂き《ほむらさき》」で熱息(ボロブレス)を叩ききってしまいました。

錦えもんは炎を弾を斬っただけではなく、カイドウの口をも傷つけています。

為すすべもないと思われた、熱息(ボロブレス)も、全く効かないとは、カイドウも読みが甘かったです。

赤鞘九人男は長年、対カイドウ対策を積み、現時点では充分互角に戦えるようになっています。

赤鞘九人男達は、おでん様の侍《サムライ》としてもう死なせてくれ、お前の首と共にと啖呵を切ったところで991話終了です。

ワンピース 992話 展開予想

992話「残党」の考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

赤鞘九人男は現在カイドウを完全に押している様に見えます。

ことぶき
このまま戦闘が続けば、カイドウをかなりの窮地にまで追い込むことはできそうな感じです。

しかし、カイドウはまだまだ全力ではないと思われます。

熱息(ボロブレス)以上の技を出してきそうですし、巨龍から更に形態変化して、赤鞘九人男を圧倒してしまうかもしれません。

もしこれ以上進化しないとしても、ネコマムシとイヌアラシのスーロン(月の獅子)化が終了すれば、押し負けてしまう可能性があります。

ことぶき
スーロン(月の獅子)は強力な物の、体力の消耗が激しく、短時間しか変身できません。

赤鞘九人男がピンチに陥る前に、ルフィとゾロ達がカイドウの元に到着できればいいのですが。

ことぶき
カイドウと同じく四皇のビッグ・マムがルフィを追って迫っていますから、いかに引き離せるかがカギとなってきそうです。

-ワンピース

© 2020 鋼鉄書房