明柳書房

漫画の考察や書評と映画評や哲学のお話

ハンターハンター

『ハンターハンター』が約二年ぶりに連載再開。ハンゾーやビスケ登場で台湾でも祝福と歓喜の嵐。2年ぶりで絵柄が変わり『セーラームーン』作者で伴侶である武内直子の筆が入っているとの噂も

更新日:

2017年6月26日から『ハンターハンター』の連載再開が決定しました!それを機に去年の再開した時の記事を加筆修正しました。(ネタバレありの考察です。未読の方は注意してください。)

漫画『ハンター×ハンター』が約二年ぶりに再開しました。台湾でも好きな人が多く、再開が決まったというニュースが発表された時はみんなかなり盛り上がっていました。

ハンター試験篇のハンゾー、グリードアイランド編のビスケ登場!

しかも、初期からのキャラであるハンゾーやゴンやキルアの師匠の師匠であるビスケも登場でかなり嬉しい展開です。

クラピカ、センリツ、ハンゾー、ビスケ集合

ビスケはグリードアイランドだけでなく、キメラアント篇でも活躍しましたが、暗黒大陸篇でどのような役割をするか待ち遠しいです。

敵もかなり手練が揃っているので、グリードアイランド編の最後で見せた真の姿でまた戦うのかも。

『HUNTER X HUNTER』は休載期間が長く、何度も既刊を読み返してしまっているため、キャラへの愛着度もひとしおです。何度読み返しても楽しいというのもすごい。

『ハンターハンター33巻』発売。物語の範囲

暗黒大陸編が始まった33巻も2016年6月に刊行されるとのこと。もう連載されたのが2年前でずいぶん忘れてしまっているので速く読みたいです。

33巻は暗黒大陸編です。ヒソカとクロロの戦いが始まる直前まで!

冨樫義博の画風が変わったとの指摘も

スポンサーリンク

ネット界隈では、再開された『HUNTER X HUNTER』は絵柄がずいぶん変わっていて少女漫画チックになっているだの『セーラームーン』作者で伴侶である武内直子の筆が入っているのではないかとも噂されています。

たしかにビスケの感じとかもずいぶん変わったように思います。2年も経てば絵柄も変わるかと思っていましたが、奥さんのペン入れとは。

なんにせよ内容は変わらず面白いので、これから数週間の連載、生きるための張り合いができます。

【追記】2017年6月26日『ハンターハンター34巻』発売決定

暗黒大陸へ行く準備とカキン王家の王位継承のドロドロ、天空闘技場でのクロロとヒソカの激闘を描いた34巻がついに単行本化されます。

2017年6月22日やっと表紙が明らかになりましたが、やはり天空闘技場でのヒソカ対クロロのバトルがメインとなるため、この二人が表紙になりました。巻全体のタイトルは「死闘」。確かにネテロ元会長とキメラアントの王・メルエムのバトルに勝るとも劣らない死闘でした。

『ハンターハンター 34巻』相当分のまとめ

34巻に相当する物語のまとめ記事を書きました。それぞれネタバレありの考察と感想を含みます。

連載再開に向けて、復習してみたい方は読んでみてください

『ハンターハンター』34巻収録分まとめ。ヒソカ対クロロ団長の激闘と暗黒大陸渡航編

【追記】2017年6月26日から『ハンターハンター』連載再開決定!

ジャンプの公式サイトによると、6月26日発売のジャンプ30号からハンターハンターが再開されることが決定したとのこと。前の連載休止の時は2年位待たされたのが、今回は1年で再開。34巻の続きから物語は始まります。前はかなり中途半端なところで終わってしまっていたため、かなり楽しみです。







-ハンターハンター
-, , ,

Copyright© 明柳書房 , 2017 All Rights Reserved.