ハンターハンター

ハンターハンター 388考察 感想 クラピカ念講習とハルケンブルグ再覚醒?「思案」ネタバレ有レビュー

更新日:

こんにちは! 月に50冊以上マンガを読むことぶき@akitoshijp )です。

『ハンターハンター』【最新話】390話「衝突1」のネタバレ考察はこちらを見てください。

『ハンターハンター』37巻収録予定の381話~390話のまとめはこちらを見てください。

2018年11月12日(月)発売の『週刊少年ジャンプ 50号』収録の『ハンターハンター』388話「思案」を読みました。

ことぶき
以下ネタバレありの考察と感想(レビュー)なので、未読の方はご注意ください。

387話「再現」のネタバレ考察はこちらを見てください。

サトビ、マオール、ロンギのクラピカに対する懸念

第7王子ルズールス王子の警護 サトビと第5王子ツベッパの警護 マオール、ロンギはこのままクラピカの念能力講習を続けてもいいのか話し合っています。

ことぶき
マオールはとにかくクラピカの言葉を信じて、念を講習を受けるしかないと考えていますが、ロンギはクラピカの計画通りに事を運んで良いものか心配しています。

クラピカが『デスノート』のライトみたいに、皆を欺いていると考えてしまうのも無理がないです。

ヒュリコフの自信とラジオラスの念能力発動

第1王子 ベンジャミンの私設兵であるヒュリコフは、もしクラピカの計画通りだったら、もしクラピカに誰かが操作されている状況と分かれば、すぐにビルとクラピカを捕らえると言います。

ことぶき
ヒュリコフは鋭い観察眼で、すでにサイレントマジョリティー(11人いる)が誰か分かるくらいですから、この言葉に偽りはないでしょう。

サトビたちもこの自信満々なヒュリコフには従うほかありません。

第1王子の私設兵はそのままカキン軍の精鋭であるし、ヒュリコフも信用されている様子です。

同じく第1王子私設兵のバビマイナも、とにかく状況を見守るしかないようで、クラピカに講習を受けているラジオラスが念を使えるようになったのかどうか、見定めることにします。

ことぶき
ラジオラスは第10王子カチョウの従事者で女性の「非戦闘員」です。

ほかの戦闘経験のある警護ではなく、何の訓練も受けていないラジオラスが念能力者となれば、クラピカの講習が「本物」であることが証明されます。

ヒュリコフもバビマイナも、クラピカが「水見式」で「特質系」の念能力者であることを明かしたため、クラピカが誰かを「操作」する可能性は低いと考えています。

クラピカの同僚であるビルがカギを握っていると踏んでいるようです。

クラピカの念講習を受けたラジオラスは見事、念を習得していました。

ことぶき
ヒュリコフの見立てでも、1年以上、毎日3時間くらい訓練をした念能力者に見えています。

ラジオラスはあっさりと念能力を手に入れ、しかもそれを一定のコントロール下におけています。

ことぶき
『ハンターハンター』世界では、超難関である「ハンター試験」に受かっても、念を使えない人が多いのに、こんなに簡単に念能力者を生み出せるとは。

初期の設定では、「念能力」は「裏ハンター試験」的な位置づけで、「念」が使えないと、本当のハンターではないという感じでしたよね。

ことぶき
カキンの「壺中卵の儀」で守護霊獣(念獣)を使えるようになったり、短時間で念能力者となれたり、強さのインフレが起きていますね。

ツベッパの私設兵マオールも念能力取得

ラジオラスに続いて、第5王子ツベッパの私設兵・マオールが念修行に入ります。

オイト王妃も念講習には同席していて、様子を見守っています。

ことぶき
第14王子ワブルはスヤスヤと寝ています。リハンは幼すぎて守護霊獣(念獣)がまだ発動していないと言ってましたが。

クラピカはマオールに念講習でのことを絶対に誰にも話さないことを誓わせます。

クラピカがマオールに行わせようとしているのは、おなじみの「水見式」です。

ことぶき
しかし、一つ普通の「水見式」と違うのは、コップの水の底に植物のタネが入っていること。

なぜ、クラピカがこうして普通の水見式ではない方法をとり、しかも絶対に「他言無用」としているのは、クラピカの講習が「邪道」で「禁忌」とされているからでした。

クラピカが行うのは、念での間接的な「攻撃」を与えて、それをキッカケに相手の潜在的な念能力を引き出すというものです。

インドのサイババの儀式のような場面が描かれているし、攻撃と言っても、相手に気を送り込むとか気功などの「治療」と言い換えられるようです。

ことぶき
同じような行動でも、敵意があれば「攻撃」となるし、そうではなくて有益ならば「治療」と言い換えられるということですね。

クラピカはビルに実際に「邪道」の水見式をさせてみて、マオールに講習を続けるかどうか選択させます。

クラピカ:『ハンターハンター』388話「思案」より引用

クラピカ:『ハンターハンター』388話「思案」より引用

ビルは水が増える、植物のタネが生長するという「強化系」の能力者でした。

マオールはクラピカの言葉を信じて、クラピカの「間接攻撃」を受けて、念能力を開花させました。

ことぶき
マオールもラジオラスと同じように、念のオーラをまとい、そのオーラを調整できています。

ヒュリコフはラジオラスに続いてマオールも念能力者となったので、クラピカを信じている様子。

バビマイナも一応クラピカを信じているようですが、クラピカの指のチェーンが5本あることから、まだ他に能力を隠しているとうたがってます。

ことぶき
バビマイナはオイト王妃とワブルに気遣って状況を把握するための「円」を解いたりして、クラピカを信用してた様子ですが、やはりまだ警戒しているようすです。

現段階ではバビマイナよりもヒュリコフのほうがクラピカを信用している様子です。

ことぶき
クラピカもヒュリコフも、今は暗殺者である「サイレントマジョリティー(11人いる)」の能力者という共通の敵がいるので、ある意味共闘しています。

続いて第10王子の従事者・ユウリもクラピカから念能力を引き出されます。

ビルはクラピカの講習が現時点での最善策と分かりながらも不安を抱えている様子です。

ビルは「清貧の士」がいきなり大金を手にして、どう変わってしまったかをつぶさに見てきたので、いきなり「念」という力を得た人間がどういう行動を取るか心配しています。

ことぶき
現実世界でいうと、「超能力」をいきなり使えるようになったものですからね。ちょっとした出来心で悪事を働きたくなってしまう人間もいるでしょう。マオールたち念習得者が利己的な行動に走れば、クラピカたちが窮地に陥る展開になってしまいます。

そういう危険性があるからこそ、『ハンターハンター』の世界では「念」は表の世界から隠されているのですね。

慎重なツベッパとプレデター発動の機会をさぐるリハン

マオールはクラピカの講習の後、成果を第5王子ツベッパに伝えます。

ことぶき
ツベッパはとにかくクラピカと手を組んでおきたいと考えています。ツベッパは他の王子に比べて、まともそうに見えるので、もし協定が結べれば、クラピカ側にとっても有利になるでしょう。

ツベッパには第8王子サレサレを「プレデター(異邦人)」で暗殺した第1王子私設兵リハンが張り付いています。

ことぶき
リハンのプレデター(異邦人)は、相手の念能力を正確に予想することで天敵を作り出すというほぼ必殺の技です。

プレデター(異邦人)を発現させるためには、能力を予想しなければならないのですが、ツベッパは慎重な性格なので、まったく守護霊獣(念獣)を出す気配がありません。

リハンは上司からプレデター(異邦人)は第9王子ハルケンブルグを倒すために取っておくよう言われています。

ことぶき
リハンのプレデターは強力な反面、発動してから48時間使えなくなってしまうと言う弱点があります。それに正確に予想しないと真価を発揮しません。それに能力の予測を誤ると、「ムダうち」になってしまいます。

ハルケンブルグは覚悟を決めて能力を使いまくっているので、守護霊獣(念獣)の能力を予想するのはツベッパよりも簡単かもしれません。

しかし、シカクを自殺させたということで、「操作系」と予測してしまうとミスリードになってしまいます。

ことぶき
ツベッパはサレサレの性格から、単なる病気ではないだろうと予想し、おそらくサレサレ死亡と悟っています。その死因がベンジャミン私設兵の暗殺というのも薄々気づいているため、ベンジャミン私設兵・リハンがいる前では決して尻尾を出すことはしない様子。

そんな水面下での心理戦が続く中、第4回目の鳴動が起こります。

ことぶき
これはハルケンブルグの能力がまた目覚めたのでしょうか。

ハルケンブルグは第1王子私設兵のシカクの身体に部下の精神を憑依させて自決させていました。

ことぶき
ハルケンブルグの部下の命をかけた実験の結果が出て、ハルケンブルグがさらに攻勢をかけてきたのでしょうか。

この鳴動の感覚はだんだん早くなっているようで、クラピカも焦ってます。

ハルケンブルグの鳴動に焦るクラピカ:『ハンターハンター』388話「思案」より引用

ハルケンブルグの鳴動に焦るクラピカ:『ハンターハンター』388話「思案」より引用

ことぶき
このクラピカの驚いた顔、カチョウ・フウゲツよりも少女っぽい顔つきですね。赤ん坊のワブル王子を守ると決めたとき、母性にあふれる表情をしましたが、それからクラピカがより女性っぽくなってきてます。
ことぶき
「キメラアント編」で、ピトーもだんだん女性っぽくなりましたが、クラピカもその傾向があるかも。

クラピカは念講習を通して、勢力の均衡を図ろうとしていますが、ハルケンブルグだけが突出して強くなりすぎているのを案じているのでしょうか。

『ハンターハンター』第388話「思案」まとめ 感想

388話「思案」を簡単にまとめると

  • 第11王子フウゲツの従事者 ラジオラスが念能力者となる
  • 第5王子ツベッパの私設兵 マオールも念能力者となる
  • 第10王子 カチョウの従事者 ユウリも念能力者となる
  • マオールがツベッパに念講習のことを報告
  • リハンはクラピカ、ハルケンブルグ、ツベッパ、誰にプレデター(異邦人)を使うかどうか迷っている
  • 第4回目の鳴動(ハルケンブルグの能力発動?)が起こる

となります。

ことぶき
クラピカの念能力講習の詳細がやっと明らかになりました。でも今回も暗殺者「サイレントマジョリティー(11人いる)」が誰かは分からず、残念です。

ヒュリコフは誰が暗殺者か分かっているようなので、泳がせずに早く始末してしまえばと思いますが、今の状況を楽しんでいるようです。

クラピカが「邪道」とされる方法で能力者を増やしていっても、第9王子ハルケンブルグと第4王子ツェリードニヒだけが突出して強くなりすぎている気がします。

ことぶき
他の王子はほぼ何もしていないようなもので、差は開くばかりです。

『ハンターハンター』389話 展開予想

389話「呪詛」のネタバレ考察はこちらを見てください。

389話では、クラピカの講習がさらに続き、さすがの暗殺者「サイレントマジョリティー(11人いる)」も正体を明らかにするのではないでしょうか。

今残っているあやしい容疑者としては第4王子ツェリードニヒ警護のダンジン、第8王子サレサレの警護ムシャホでしょうか。

ハルケンブルグの警護であるシェジュールやユヒライはもうハルケンブルグの守護霊獣(念獣)の能力を受けて、念能力者になった可能性があります。

第10王子 カチョウの従事者ロベリーと、第11王子 フウゲツの従事者イラルディアは非戦闘員なので、暗殺者ではないとおもいます。

ことぶき
現時点では誰が暗殺者か判断が付きませんし、誰が次にターゲットにされてしまうかも不明です。

ビルが懸念するように、クラピカによって念能力を引き出された警護同士でのバトルになる可能性もありますし、事態はどんどん複雑になってきました。

ことぶき
通例なら、あと残り2回で休載に入ってしまいそうですが、このまま暗殺者が誰か分からず、カキン王子継承戦も進まないまま終ってしまうのでしょうか、、

-ハンターハンター
-あらすじ, ジャンプ, ネタバレ, 感想, 研究

Copyright© 鋼鉄書房 , 2018 All Rights Reserved.