明柳書房

漫画の考察や本の書評。台湾の写真なども載せています。

ハンターハンター

『ハンターハンター』341話「厄災」その3。人類が暗黒大陸から持ち帰った危険すぎる5大厄災まとめ

更新日:

2017年6月26日に発売の少年ジャンプ30号から『HUNTER × HUNTER』の連載再開が決定したので、暗黒大陸編を復習中です。

今回は『ハンターハンター 第33巻』の収録の、第341話「厄災《やくさい》」の後半、新世界から持ち帰られた危険かつ奇妙極まりない5大厄災が明らかになります。ネタバレありの考察なので、未読の方はご注意ください。

第341話前半の記事はこちらです。

ハンターハンター33巻、341話、14ページ。地下室。不死の病、ゾバエ病患者
『ハンターハンター』341話「厄災」その1。暗黒大陸をめぐるV5(近代5大陸)のエゴとカキン王国

2017年6月26日に発売の少年ジャンプ30号から『HUNTER × HUNTER』の連載再開が決定したので、暗黒大陸編をすこしずつ復習してみてます。今回は『ハンターハンター 第33巻』の冒頭、第34 ...

続きを見る

第341話中盤の記事はこちらです。

ハンターハンター33巻、341話、17ページ。死去したネテロ会長からのビデオメッセージでの指令
『ハンターハンター』341話「厄災」その2。ネテロ元会長の事実上の指令と突如現れたビヨンド

2017年6月26日に発売の少年ジャンプ30号から『HUNTER × HUNTER』の連載再開が決定したので、暗黒大陸編を復習しています。今回は『ハンターハンター 第33巻』の収録の、第341話「厄災 ...

続きを見る

暗黒大陸から持ち帰られた5大厄災

官僚風の男が渡された本、『新世界紀行』には暗黒大陸から持ち帰られた5大厄災が記されていました。

『HUNTER X HUNTER 33巻』の86ページに「危険生物評価リスト」が載っていますので、その危険度と合わせて紹介します。

ちなみにネテロ元会長と死闘を繰り広げた王・メルエムの「キメラアント(亜人種タイプ)」の危険度は「B」5大厄災はすべてキメラアントの危険度を上回ります。

ブリオン 危険度(B+)

ハンターハンター33巻、341話、25ページ。暗黒大陸から持ち帰った5大厄災、兵器ブリオン
引用:『ハンターハンター 33巻』p.25

謎の古代遺跡を守る正体不明の球体
兵器 ブリオン

球体がブリオンなのか、下の人間部分も合わせてのブリオンなのかも不明です。人間に寄生するタイプなのでしょうか。

兵器ということで、かなり攻撃力が高そうですが、どのような攻撃をするのか皆目検討がつきません。爆発するのでしょうか。

アイ 危険度(A)

ハンターハンター33巻、341話、25ページ。暗黒大陸から持ち帰った5大厄災、ガス生命体アイ
引用:『ハンターハンター 33巻』p.25

欲望の共依存
ガス生命体 アイ

キルアが好きすぎる妹(弟?)であるアルカ(ナニカ)はこの「アイ」であることが作者によって明かされています。

ハンターハンター33巻、341話、26ページ。暗黒大陸から持ち帰った5大厄災、キルアの妹アルカはアイ
引用:『ハンターハンター 33巻』p.26

アイの怖さはさんざん描かれていますが、アルカ(ナニカ)とキルアとの交流を見ると、危険な存在ではあるけれど、そんなに邪悪ではないようにも思えます。

ヘルベル 危険度(A)

ハンターハンター33巻、341話、25ページ。暗黒大陸から持ち帰った5大厄災、双尾の蛇ヘルベル
引用:『ハンターハンター 33巻』p.25

殺意を伝染される魔物
双尾の蛇 ヘルベル

厄災の中で、見た目は一番普通です。どうやって殺意を伝染させるのか分からないですが、噛むと伝染するのかも。

暗黒大陸では基本的にハンターはチームで動くと思うので、このヘルベルによって手練のハンター同士が仲間割れという事態になると、全滅という悲劇になりかねません。

パプ 危険度(A)

ハンターハンター33巻、341話、25ページ。暗黒大陸から持ち帰った5大厄災、人飼いの獣パプ
引用:『ハンターハンター 33巻』p.25

快楽と命の等価交換
人飼いの獣 パプ

地下室に使役された人間の成れの果てと思われる標本がありました。

スポンサーリンク

人間がどのようにして、何のために飼われるのか不明ですが、このような死に方はしたくないですね。

ゾバエ 危険度(B+)

ハンターハンター33巻、341話、25ページ。暗黒大陸から持ち帰った5大厄災、不死の病ゾバエ病
引用:『ハンターハンター 33巻』p.25

希望を騙《かた》る底なしの絶望
不死の病 ゾバエ病

ビヨンドが持ち帰った厄災です。自給自足ということと自分の手をジュルジュル吸っているという描写から、自分で自分を捕食しているとも捉えることができます。

最近流行りのゾンビ的なモンスターで、病ということは伝染すると考えられます。バイオハザードのゾンビのように、人間の理性はもう残っていないとみられます。

地下室で厳重に密閉されていたのは病原菌が漏れるのを恐れてのことでしょう。

それぞれの厄災の名前とキャッチコピー(?)がいちいち面白くて、詳細が知りたくなるところはさすが冨樫義博。

片言隻句まで練られていて、だてに長く休載してないと思わされます。

「人間」の危険度

ちなみに『HUNTER X HUNTER 33巻』の86ページ「危険生物評価リスト」には「人間」の危険度も載っています。

それによると

人間(個体)C
人間(国家)A- ~ B+

とのこと。普通の個体としては弱々しい存在ですが、近代国家として統合され、技術と悪意を蓄積すると5大厄災に劣らないヤバさになるというところに冨樫義博の人間観が見て取れます。

キメラアントの王・メルエムの最期とかを見ると、大量破壊兵器を扱う人間のほうがよっぽどエグいと思ってしまいます。

新世界と言われている暗黒大陸には現地の人間がいるのかどうか、今のところ明らかにされていませんが、あれだけ広いならいてもおかしくないというか、いないとおかしいでしょう。

もし暗黒大陸にも人間がいて、キメラアントや5大厄災と渡り合いながら生きているとしたら、それが一番危険な敵となりそうな気がします。

人間だから分かり合えるのではないかというのは、現実世界のテロと暴力の連鎖を見ていても幻想にしかすぎませんし。

5大厄災が明らかになる『HUNTER X HUNTER 33巻』

今回の記事で書いた第341話から第350話までを収録している33巻。

暗黒大陸の途方もない大きさと奇妙さが存分に語られています。

暗黒大陸へ向けてついに出航する『HUNTER X HUNTER 34巻』

暗黒大陸編と伝説のヒソカ VS 幻影旅団・クロロ団長の激闘を収録する34巻がもうすぐ発売されます。

2017年6月22日やっと表紙が明らかになりましたが、やはり天空闘技場でのヒソカ対クロロのバトルがメインとなるため、この二人が表紙になりました。巻全体のタイトルは「死闘」。確かにネテロ元会長とキメラアントの王・メルエムのバトルに勝るとも劣らない死闘でした。

34巻収録分のジャンプ連載時のまとめはこちら。

ハンターハンター34巻表紙のイラスト3_ヒソカとクロロの死闘
『ハンターハンター』34巻収録分まとめ。ヒソカ対クロロ団長の激闘と暗黒大陸渡航編

2017年6月26日発売の『週刊少年ジャンプ 30号』で『HUNTER × HUNTER』連載再開が決まりました。 (画像はジャンプ公式サイトから引用) 日々絶望することはありながらも、歯を食いしばっ ...

続きを見る

2017年6月26日から再開される少年ジャンプの連載で、5大厄災が少しでも出てきてくれればありがたいんですが、カキン王国の王子たちの念獣によるバトルがメインになりそうなので、厄災は出てこない確率が高いです。

カキン王国の壺中卵の儀。蠱毒。
『ハンターハンター』360話「寄生」。クラピカ同僚を亡き者にしたのは他王子達の念獣?無意識下で繰り広げられるバトルロイヤル。気になる展開だが、また長期休載へ

2017年6月26日から『ハンターハンター』の連載再開が決定しました!それを機に去年再開した時に書いた記事を加筆修正しました。(ネタバレありの考察です。未読の方は注意してください。) 前回の第359話 ...

続きを見る

まぁカキンの念獣も厄災と同じくらい奇妙で、得体が知れないバケモノなので、それはそれで楽しみではあります。

『ハンターハンター』342話「布告」の「ネタバレあり」まとめはこちら

341話の続きはこちらでまとめています。

ハンターハンター33巻、342話、31ページ。V5首脳にプレゼンする許可庁の男2
『ハンターハンター』342話「布告」その1。なんと全世界は暗黒大陸のメビウス湖の中に過ぎなかった!

2017年6月26日に発売の少年ジャンプ30号から『HUNTER × HUNTER』の連載再開が決定したので、暗黒大陸編を復習中です。 第341話の復習まとめ記事はこちらです。ネタバレありの考察なので ...

続きを見る

暗黒大陸由来の5大厄災に負けず劣らず不思議な暗黒大陸の詳細が徐々に明らかになっていきます。







-ハンターハンター
-, ,

Copyright© 明柳書房 , 2017 All Rights Reserved.