明柳書房

漫画の考察や本の書評。台湾の写真なども載せています。

ハンターハンター

ヒソカ VS クロロ決着。主要キャラが死にまくる衝撃の『ハンターハンター』第357話。ヒソカの狩りの舞台は暗黒大陸へ向かう船の中へ

更新日:

もうネットでも散々話題となっていますが、現在『ジャンプ』に連載されている『ハンターハンター』の357話が衝撃的展開すぎて驚きました。以下ネタバレ有りの考察なので、未読の方は注意してください。

唐突に終わるクロロ対ヒソカの「一騎打ち」

ちょっと長いなーと思っていた天空闘技場におけるヒソカ対クロロとの戦いですが、唐突に「ヒソカ死亡」で幕を閉じます。

リアルなヒソカの死に顔も描かれ、ここで読者はまず衝撃を受けます。連載20年のメインキャラクターがこんなにあっさり死ぬなんて、、と。

下のコマはリアルじゃない死に顔。

『ハンターハンター』第357話、死んだヒソカとマチ

マチさん優しいですね。ヒソカに微妙にアプローチされていて、うざがっていましたが、恩は忘れず、死体を念能力で整えてくれようという「おくりびと」のようなマチ。男性による人気投票で3位になるのも分かります。

しかし、完全に死んでいたヒソカは「死後に強まる念」で心臓マッサージをするという奇策で完全復活します。他の作品なら、「ご都合主義」と白けてしまうところですが、『ハンターハンター』の場合、この物語世界の理屈では「あり得る」ことなので白けることはなく、「その手があったか」とここでまた読者も衝撃を受けたはず。さすがトリックスター・ヒソカです。

実は「一騎打ち」ではなく、ハメられていたヒソカ

その後、マチとのさりげない会話から、ヒソカはクロロは幻影旅団の者たち(シャルナーク、コルトピら)と実は共闘していたことを悟ります。

クロロが戦いの舞台に天空闘技場を選んだのは、てっきり観客を道具にするためだけかと思っていましたが、旅団員の能力を最大限に活かせる場所がここだったわけです。

そして、クロロが自信満々に自分の念能力の解説を披瀝していたのも、一人で戦っているという姿勢を強調するものでした。

『ハンターハンター』クロロ団長が開始早々から念能力を明らかにし、ヒソカに猛攻。ここまで押され続けるヒソカも真面目に戦っているヒソカも珍しい

こういうトーナメントの闘技場システムは『ドラゴンボール』の天下一武道会は言うに及ばず、冨樫義博の『幽遊白書』でもおなじみの熱血少年漫画の定番的設定です。

こういうところでは少年漫画のキャラたちは基本的に正々堂々一騎打ちするものだと刷り込まれていたため、実はクロロが旅団員と共闘していたということを気付かされた時、かなりの衝撃でした。

旅団員と出身地の流星街以外の人間はただの道具

クロロはこの戦いを通して、一貫して審判も観客たちも完全にモノとしてしか見ておらず、改めてクロロの合理主義の極北とも言える狂気に戦慄しました。

ヒソカも人間をモノというか、自分が戦って楽しむための玩具としてしか見ないサイコパス的キャラですし、キメラアント編で俳人同然となり、キルアの妹(弟?)に助けられたものの念能力がまったく使えなくなって表舞台から姿を消したままの主人公ゴンも「ゴンさん」に象徴されるような狂気を内にはらんでいます。恐ろしい漫画です。

クロロは旅団員や出身地の人との結束は固く、家族以上の親愛を見せています。このあたり、ゴッドファーザーを思い起こさせます。

ゲリラ戦術に変更するヒソカ

いくらヒソカといえども、相手に十分に準備され、念能力対策をされたら勝つのは難しいと分かり、ひとりずつ各個撃破していくというゲリラ戦法を取ることにします。作中で最強クラスと目されるヒソカでさえも、能力の強みを奪われたら勝てないというのも『ハンターハンター』の面白さだと思います。

『ハンターハンター』第357話、生き返ったヒソカと怒るマチ

さっきまで優しかったマチさんの顔が。。

シャルナークとコルトピを軽く撃破

体のダメージをゴムで隠しただけのヒソカですが、クロロと裏で共闘していた旅団員のシャルナークとコルトピを急襲し、あっさり殺してしまいます。

コルトピは戦闘力はあまり高くなさそうなのでわかりますが、シャルナークもやられてしまうとは。

シャルナークは念能力のアンテナを自分に刺し、自動操縦のオートモードで戦闘力を大幅に強化するということができ、キメラアント編ではそれで難を逃れていましたが、今回は電話をクロロに渡してしまっていたため、それも使えなかったということでしょうか。

スポンサーリンク

シャルナークはあくまで操作系能力者で、旅団の中では腕力も体術も突出していなかったため、ヒソカに敵わなかったと考えられます。

旅団員の2人も決して弱いというわけではなく、主要なキャラだったのに、いきなり死んでしまうとは。天空闘技場の中の戦いの展開が遅くてちょっとヤキモキしていましたが、ここへ来て怒涛の展開です。

ヒソカの狩りの舞台は暗黒大陸へ向かう船の中へ

ストーカーのようにまとわりつくヒソカをやっと倒したと思ってしまったクロロは暗黒大陸へ向かう船のお宝を盗るため、舟に乗りこむ画策をしています。ヒソカはそこへ集った旅団員たちをまたゲリラ戦で殺っていくのでしょう。

船の中にはもう一人、幻影旅団をクルタ族の宿敵と見なすクラピカもいます。旅団の連中もいくら強いとはいえ、ヒソカとクラピカに狙われるとかなりきつそうです。

『ハンターハンター』第357話、幻影旅団員とクロロ団長を追ってブラックホエール1号に乗り込むヒソカ

天空闘技場のようにしっかり準備していないガチンコの一対一だとクロロもかなり危うそうです。ただクラピカに対しては、一度敗北してクラピカの念能力を把握しているので、対策をしている可能性もあります。

『ハンターハンター 33巻』

来週の358話からやっと33巻の暗黒大陸編の続きが始まりそうです。

なぜいきなりクロロとヒソカの戦いが始まったのかと疑問に思っていましたが、物語の主要キャラが集まっていく過程だった訳ですね。

あと何回でまた長期休載となってしまうのか、それだけが気がかりでなりません。暗黒大陸への船の中でもいろいろ波乱がありそうですから、暗黒大陸へ着くという連載が見れるのはいつになることか。。

そういえば、ヒソカがあそこでマチをなぜ殺さなかったのかも気になります。メッセンジャーとして残したという説もありましたが、コルトピやシャルナークは無言で殺戮しているわけですし、そうではないかもしれません。案外ネットでいろいろ考察されているようにヒソカはマチが好きで、マチが心酔しているクロロを憎んでいるという線もあるかもしれません。

34巻が発売され、巻末には作者・冨樫義博の簡単な解説のようなものが付いていました。

それによると、やはりマチは幻影旅団員へのメッセンジャーとしての役割が課されているようです。ゲリラ戦の場合、メッセンジャーなどたてずに、予告なしで襲ったほうが効果が高そうな気がしますが、ヒソカとしては殺害の予告をして相手が警戒しているところをその警戒の裏を突いて倒すというほうが満足ができるのかもしれません。

さらにヒソカとしてはあそこでマチを殺したいという意志がありましたが、作者がそれを阻止したとも書いてありました。そちらのほうがドラマツルギーとして盛り上がるのは間違いないですしね。

ちなみにヒソカ対クロロという主人公側の敵同士のバトルにどうしてここまで冨樫義博が力を入れたかについて、漫画『ドカベン』の敵同士の戦いがやたら面白かったので、自分もやってみたかったとありました。

宇野常寛氏がキメラアントの王宮突入の10分を何週にも渡って秒単位で描写しているのを『スラムダンク』の試合の時の刻み方を取り入れたと指摘していました。

異分野の漫画等から貪欲に面白さの手法を取り入れて、読者の度肝を抜いてくれる冨樫義博自体がもうキメラアントのように思えてきます。

【追記】2017年6月26日『ハンターハンター34巻』発売決定

衝撃的すぎる結末を迎えたクロロとヒソカの天空闘技場における決闘を収録した『HUNTER × HUNTER 34巻』がついに発売されます!今回書いた記事にもあるように、連載ではかなり簡略化された線も、単行本ではかなり加筆修正されると思います。

より大迫力になったクロロとヒソカの死闘、はやく見てみたいです。

34巻には暗黒大陸へ行く準備とカキン王家の王位継承のドロドロなども収録されると思います。

2017年6月22日、ついに表紙のカバー絵が公開されました!メインは天空闘技場でのヒソカ対クロロ決闘なので、やはりヒソカとクロロが表紙ですね。クロロの不気味さが際立つ表紙です。

『ハンターハンター 34巻』相当分のまとめ

34巻に相当する物語のまとめ記事を書きました。それぞれネタバレありの考察と感想を含みます。

連載再開に向けて、復習してみたい方は読んでみてください

ハンターハンター34巻表紙のイラスト3_ヒソカとクロロの死闘
『ハンターハンター』34巻まとめ「ヒソカ対クロロ団長」決着と暗黒大陸渡航

2017年6月26日発売の『週刊少年ジャンプ 30号』で『HUNTER × HUNTER』連載再開が決まりました。 (画像はジャンプ公式サイトから引用) 日々絶望することはありながらも、歯を食いしばっ ...

続きを見る

【追記】2017年6月26日から『ハンターハンター』連載再開決定!

ジャンプの公式サイトによると、6月26日発売のジャンプ30号からハンターハンターが再開されることが決定したとのこと。前の連載休止の時は2年位待たされたのが、今回は1年で再開。34巻の続きから物語は始まります。前はかなり中途半端なところで終わってしまっていたため、かなり楽しみです。

旅団員を撃破したヒソカは、さらに旅団員を襲うのか。旅団員を殺された団長はどう動くのか。マチさんは運命やいかに。楽しみすぎます。

【追記】ブラックホエール1号に乗り込んだクロロ団長再登場

2017年8月1日発売の『週刊少年ジャンプ 35号』で、かなり久しぶりに幻影旅団・クロロ団長が登場しました。

「37564(皆殺し)」という不穏な番号の船室でゴキブリを踏み潰し、今にも人を殺しそうな険しい表情をしています。

シャルナークとコルトピをヒソカに殺されたことを知り、確実にヒソカにとどめを刺していなかったことを後悔しているのでしょうか。

今にも人を殺しそうな険しい表情の幻影旅団・クロロ団長
クロロ団長・VSヒソカ以来の再登場、カキン王子達の動向『ハンターハンター』366話「其々」

2017年7月31日発売の『週刊少年ジャンプ 35号』HUNTER X HUNTER 第366話「其々(それぞれ)」は各王子たちの動向と久々に連載登場のクロロ団長登場が描かれます。 ネタバレ有りの感想 ...

続きを見る

クラピカに捕縛された時も、ウヴォーギンとパクノダを失った時もここまで苦虫を噛み潰したような顔はしていなかったように思います。

船内の下層船室に潜み、荒ぶるクロロ団長がカキン王国の王位継承戦や「十二支ん」とジン、パリストンとどのように絡んでくるのか、今後も目が離せません。







-ハンターハンター
-, , , ,

Copyright© 明柳書房 , 2017 All Rights Reserved.