明柳書房

漫画の考察や書評と映画評や哲学のお話

ハンターハンター

『ハンターハンター』360話「寄生」クラピカ同僚を亡き者にしたのは他王子達の念獣?無意識下で繰り広げられるバトルロイヤル。気になる展開だが、また長期休載へ

更新日:

2017年6月26日から『ハンターハンター』の連載再開が決定しました!それを機に去年再開した時に書いた記事を加筆修正しました。(ネタバレありの考察です。未読の方は注意してください。)

前回の第359話では、何者かの念攻撃を受けてクラピカの同僚が全身の血を抜かれるという凄惨な状態で犠牲となりました。

『ハンターハンター』359話「出航」。カキン王子たちの熾烈で陰湿なバトルロイヤルが始まる。クラピカたちは全身の血を抜き取られる念攻撃を受ける

今回の第360話ではその念攻撃の謎の一端が明らかになります。

カキン王子たちの念獣?

クラピカが怪しい同僚たちを尋問している最中、不気味な妖怪みたいなのが次々と現れます。まずは一つ目のトカゲみたいな生物。

カキン王子のトカゲのような念獣が現れる

次々と現れる念獣

カキン王国の壺中卵の儀。蠱毒。

統一感のない念獣が部屋に溢れます。事情を知るカキンから派遣された同僚によると、これらは壺中卵の儀で王子たちが授かった念獣らしいとのこと。

王子たちは暗黒大陸へ向かう船の中では実際に会うことは難しいので、この念獣が他の王子の命を狙います。

無意識にバトルロイヤルに突入する王子たち

この念獣は王子に寄生しているもので、宿主のオーラを吸い取って能力を発動する具現化系に近いもののようです。そして、宿主が念を使えない場合、全く見えず、自覚もなし。操作できないため、全くの制御不能です。

クラピカの壺中卵の儀に関する考察

こうなると、王子同士の戦いは肉体的能力とか頭の良さとかよりも、どんな念獣に寄生されたかとか、王子が生まれ持ったオーラの総量が重要になってくるかもしれません。とすると、クラピカが守らなければならない赤ん坊の第14王子ワブルも決して不利ではないかも。

それにしてもなぜカキン王国は代々こんなバトルロイヤルをして王位を決めているのでしょうか。どんな念獣が取り付くかという運と、その念獣に喰い尽くされないオーラが最も重視されているからかもしれません。

そういえば現カキン王の念獣は相当気持ち悪くて禍々しかったです。カキン王の念獣は33巻に載っています。今週の360話「寄生」を読んでからまた33巻を読むと新たな発見がありそうです。

『HUNTER × HUNTER』33巻表紙のイルカは何?

表紙のイルカが何を表しているのか話題になっていましたが、今のところまだ分かりません。王子の念獣の一体でしょうか?

念獣といえば

スポンサーリンク

念獣で思い出したのが、グリードアイランド編の除念師・アベンガネ。ボマーの念を除念するために念獣を寄生させていました。

除念師アベンガネ。グリードアイランド編

アベンガネはこの除念の能力を使い、幻影旅団団長クロロにかけられた強力なクラピカの念を除念しました。その結果伝説的なヒソカとクロロの天空闘技場での戦いが始まりました。

ブラックホエール1号に乗り込んだヒソカとクロロは?

前々々回、衝撃の展開で幕を閉じたヒソカとクロロの戦いの後の話、今回も語られずじまいでした。

ヒソカ VS クロロ決着。主要キャラが死にまくる衝撃の『ハンターハンター』第357話。ヒソカの狩りの舞台は暗黒大陸へ向かう船の中へ

しかも来週からまた長期休載です。今回は2年休載後の再開でしたが、次回はいつになるでしょうか、、、(追記:2017年6月26日から連載再開決定!あんがい早くて嬉しいです!!)

【追記】2017年6月26日『ハンターハンター34巻』発売決定

暗黒大陸へ行く準備とカキン王家の王位継承の背景にあるドロドロ、天空闘技場でのクロロとヒソカの激闘を描いた『HUNTER × HUNTER 34巻』がついに単行本化されます。

2017年6月22日やっと表紙が明らかになりましたが、やはり天空闘技場でのヒソカ対クロロのバトルがメインとなるため、この二人が表紙になりました。巻全体のタイトルは「死闘」。確かにネテロ元会長とキメラアントの王・メルエムのバトルに勝るとも劣らない死闘でした。

今のところカバー絵はまだ公開されていないですが、どんな絵になるのか気になります。ハンターハンターの表紙は今後の物語の展開を示唆していることも多いのでなおさらどんなものが描かれるか気になります。

『ハンターハンター 34巻』相当分のまとめ

34巻に相当する物語のまとめ記事を書きました。それぞれネタバレありの考察と感想を含みます。

連載再開に向けて、復習してみたい方は読んでみてください

『ハンターハンター』34巻収録分まとめ。ヒソカ対クロロ団長の激闘と暗黒大陸渡航編

【追記】2017年6月26日から『ハンターハンター』連載再開決定!

ジャンプの公式サイトによると、6月26日発売のジャンプ30号からハンターハンターが再開されることが決定したとのこと。前の連載休止の時は2年位待たされたのが、今回は1年で再開。34巻の続きから物語は始まります。前はかなり中途半端なところで終わってしまっていたため、かなり楽しみです。

船の中では念獣同士の戦い、ネテロ会長の息子ビヨンドと十二支んの戦い。密かにもぐりこんだヒソカと仲間を殺された幻影旅団・クロロ団長とのゲリラ戦など、気になる展開が目白押しです。







-ハンターハンター
-, ,

Copyright© 明柳書房 , 2017 All Rights Reserved.