キングダム

『キングダム』ネタバレ考察 551話「伝者の報告」あらすじ感想

更新日:

こんにちは! 月に100冊以上マンガを読むことぶき@akitoshijp )です。

2018年3月15日発売の『週刊ヤングジャンプ 15号』収録の原泰久『キングダム』551話「伝者の報告」を読みました。

ことぶき
最新刊の第49巻が初版最高部数と絶好調の『キングダム』ですが、李牧との戦いも佳境に入り、盛り上がりも最高潮です。

以下ネタバレありの考察なので未読の方はご注意ください。

秦国の首都・咸陽に伝者到着

信たちが戦っている激戦の地から南西にある秦国の首都・咸陽。

秦王・政と閣僚たちが疲れて眠りこけています。

ことぶき
朝日が射し込んでいるので、徹夜したんでしょう。

そこに戦場からようやっと伝者が到着します。

王翦《おうせん》将軍は伝令を何度もおくっているようですが、途中の列尾を封鎖されて趙兵に討ち取られているようです。

何日も前に来た伝者は趙国の鄴《ぎょう》を取り囲んだ秦軍が兵糧戦に持ち込んだところまでしか伝えていませんでした。

伝者が伝えた秦 VS 趙の戦況とは?

新しく来た伝者は3つに分かれた連合軍の

  1. 桓騎軍は鄴《ぎょう》を包囲
  2. 楊端和《ようたんわ》・璧《へき》軍は椋陽 《りょうよう》で交戦
  3. 王翦軍は朱海平原《しゅかいへいげん》で李牧と戦っている

ということを伝えます。

しかし、ここまでは昌平君も予想していました。

伝者は秦国軍は数で劣勢に立ちながらも、両翼の軍が奮戦しているため中央軍はにらみ合いが続き、李牧軍と互角に戦っていることを伝えます。

そして

  1. 初日は左翼の危機を楽華《がくか》隊
  2. 右翼では玉鳳隊
  3. 3日目は敵1万とぶつかった飛信隊の奮戦

が戦果となったことを伝えます。

信の名前が出たことで、より一層鋭い面持ちとなる秦王・政。

秦国軍は残り少ない兵糧でどう戦うのか?

戦局は互角であっても、兵糧がなくなり補給ができなければ、ジリ貧で負けてしまいます。

今回、王翦はそういうギリギリの戦いを趙相手に挑んだのでした。

閣僚たちは兵糧があとどれくらい持つのか伝者に聞きますが、最高機密である兵糧の詳しいことは伝者にも伝えられていないようです。

ことぶき
もし伝者が敵に捕まってしまうことがあれば、拷問されて兵糧の詳細とか場所をバラしてしまう危険性がありますからね。

伝者が予想し概算した結果、兵糧は開戦から13日しか持たないだろうとのこと。

この伝令は3日目まで戦場にいたので、その時点で残りの兵糧は10日分。

そして、戦場から首都・咸陽まで5日かかったので、兵糧はあと5日分しか残っていないことになります。

5日という期限に慌てふためく閣僚たちに秦王・政は活を入れます。

「戦場にいる者たちを信じるしかない」と。

犬戎軍に囲まれ、食料がもうほとんど残っていない、絶体絶命の「山の民」の軍勢。

殺伐とした雰囲気の中で、大将・楊端和はどのような決断を下すのか、責任を感じている璧はどうするのか?

深刻な事態の中、楊端和のリーダーシップが光る第552「身を切る作戦」のネタバレ考察はこちらを見てください!


『キングダム』最新巻50巻のネタバレ考察はこちらを見てください。無料で読める方法も書きました。


『キングダム』51巻収録予定の548話から558話をまとめました。こちらを見てください。

-キングダム
-ネタバレ, ヤングジャンプ, 感想, 考察

Copyright© 鋼鉄書房 , 2018 All Rights Reserved.