キングダム

キングダム 604-605 ネタバレ考察 感想 李牧の戦術のカラクリを王翦・田里弥は看破できるか? レビュー【最新話】

こんにちは! 月に50冊以上マンガを読むことぶき@akitoshijp )です。

『キングダム』最新話 『キングダム』605話「王翦の読み」の考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

605話
原泰久『キングダム』605話「王翦の読み」
キングダム 605-606 ネタバレ考察 感想 王翦自ら驚きの作戦で李牧の陣形を崩しに行くが? レビュー【最新話】

2019年6月27日(木)発売の、『週刊ヤングジャンプ 30号』(電子版)を買って、原泰久『キングダム』605話「王翦の ...

続きを見る

無料で『キングダム 53巻』【最新巻】を読む方法と考察と感想(ネタバレ有レビュー)のまとめはこちらを見てください。


『キングダム』54巻の考察と感想(ネタバレ有レビュー)まとめはこちらを見てください。
54巻
王賁と尭雲の一騎打ち:『キングダム』586話「二突きの勝負」より引用
キングダム 54巻 ネタバレ考察【最新巻】感想 王賁と信が覚醒するが、尭雲の計略で王賁が討たれる!?レビュー

原泰久『キングダム』54巻収録の各話をまとめました。 無料で『キングダム』53巻を読む方法と考察と感想(ネタバレ有レビュ ...

続きを見る

2019年6月20日(木)発売の、『週刊ヤングジャンプ 29号』(電子版)を買って、原泰久『キングダム』604話「李牧の戦術」を読みました。

画像は Amazon.co.jp より引用

ことぶき
以下ネタバレありの考察と感想(レビュー)なので、未読の方はご注意ください。

603話「十五日目の異変」の考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

秦軍と趙軍の運命を決める朱海平原の15日目、どちらも兵糧がない中、持てる力の限りを尽くしてぶつかりあいます。

秦軍右翼の信&王賁 VS 尭雲の部隊

秦軍右翼の飛信隊は、尭雲《ぎょううん》を討って、そのまま李牧の中央軍の土手っ腹を横撃する作戦に出ています。

ことぶき
王翦も信や羌瘣の勢いを見ていたので、いけると踏んだのでしょうが、いかんせん苦戦しています。

なぜなら、14日目に趙峩龍《ちょうがりゅう》の防陣・土雀を突破するために信も羌瘣も限界を超えた力を出し、疲労がまだ抜けきっていないからです。

ことぶき
渕副長は信に負けない気迫と鼓舞で兵士の士気を上げますが、まだまだ焼け石に水といった感じです。

飛信隊の対応と尭雲の容赦ない攻撃

信の疲労をみかねて、

  • 我呂《がろ》
  • 岳雷《がくらい》
  • 飛麃《ひひょう》

が最前線にたち、信の疲労回復を待つことにしますが、15日全力を出し続けている信はもう限界が近いと言えるでしょう。

尭雲《ぎょううん》はそんな信の状態を把握し、かつて主だった趙・三大天の一人「藺相如《りんしょうじょ》」の予言の言葉を思い出します。

ことぶき
その言葉とは、「全てをかけてそいつを殺せ」というもので、藺相如の遺言とも言えるものでした。もちろん、尭雲はその遺言を全力で執行しに行きます。

尭雲は直属の最強兵である「十槍《じゅっそう》」から

  • 魏多《ぎた》
  • 平秀《へいしゅう》
  • 賀滉《がこう》

ら精兵を飛信隊に差し向けます。

ことぶき
三人とはいえ、王賁《おうほん》をしとめかけた屈強な将たちです。疲労困憊の信と羌瘣にはかなり荷が重いでしょう。いざとなれば、右手のケガをおして、尭雲自らが出てくるでしょうし。

復活した王賁と燃え上がる玉鳳隊の士気

秦軍右翼で信と並ぶ将だった王賁《おうほん》は尭雲のたくみな戦術によって、意識不明の重体となるまで追い詰められていました。

14日目は副将である老将・番陽《ばんよう》が玉鳳隊をみごとに率いて、戦っていましたが、羌瘣のヒーリング能力もあって、王賁は復活。

ことぶき
見たところ、王賁はほぼ完全復活している感じで、目の鋭さ・気迫・士気などは以前と同じようにみなぎっていそうです。

尭雲は守りのために残して置いた「雷雲《らいうん》」部隊の精兵・十槍から

  • 田豊《でんぽう》
  • 博谷《はくや》
  • 高秀《こうしゅう》

を王賁に差し向けます。

ことぶき
これで十槍の内、6人が尭雲の元から離れたわけで、信か王賁が突破できれば、尭雲を討てる可能性がかなり高まりました。

王賁を手ひどく痛めつけられ、宮康《きゅうこう》を討たれた玉鳳隊は復讐心で士気がマックスとなっています。

関常《かんじょう》もいきり立って尭雲を攻めますが、この焦りに足元をすくわれなければよいのですが。

李牧 VS 王翦 中央軍の激突、李牧の陣形の謎とは?

秦と趙の中央軍は、小手先のテクニック無しの真っ向からの攻め合いとなっています。

王翦軍からは田里弥《でんりみ》が先鋒にたち、李牧軍から迎え撃つのは共伯《こうはく》。

ことぶき
どちらの1万の兵を率いての戦いとなり、まずはどちらの軍も小手調べという感じでしょうか。

王翦軍の第3将である田里弥、亜光《あこう》や麻鉱《まこう》と違って、自ら前に出て戦うタイプではなく、軍師的な将軍とのこと。

秦国軍において、自分が前に出ない将軍は珍しいですが、それだけ田里弥の知略が優れているからでしょう。

また、練兵も神レベルに上手く、田里弥軍の個別の兵士達の戦闘力が以上に高いとのこと。

ことぶき
田里弥の考え方が末端の一兵卒にまで浸透しているため、臨機応変に進化しながら戦える。ビジネスに置き換えたとしても理想的なチームといえます。

ただ、そんなものすごい知勇の田里弥軍が、李牧・共伯軍にずっと押されてしまいます。

ことぶき
個々の兵の練度・強さから見ても、田里弥軍のほうが上なはずです。しかし、共伯は李牧に特殊な戦術をたたき込まれていて、田里弥はその李牧の戦術に対応できていないのです。

共伯将軍と雷伯《らいはく》将軍は李牧の戦術を完璧に理解していて、この二人を撃破しないと李牧軍の優勢はゆらぎそうもありません。

ことぶき
馬南慈《ばなんじ》は王翦が亜光に授けた防陣を軽々と破りましたが、田里弥は李牧の陣のカラクリを理解することが出来るでしょうか。

李牧の陣形、特殊戦術の秘密とは?

智将・田里弥でも全く理解できない李牧の戦術。

ことぶき
攻防図を見て、考察してみましたが、どう見ても有利な点が見いだせません。

李牧の陣形名は「大鶴《だいかく》」、鳥のように両翼があり、相手を翻弄する陣形かと思われますが、特殊な点は見られません。

ただなぜか李牧の軍の兵士は整然と等間隔に並んで立っているだけで、密集形体を取っていません。

ことぶき
古代ギリシアのファランクスを例に出すまでもなく、歩兵は密集して群体として戦うのがセオリーですが、李牧の軍は等間隔に立っているだけです。

もしかしたらこの辺りに李牧の陣形の秘密が隠されているのかもしれません。

ただ、田里弥だけではなく王翦をもってしても、李牧の戦術の秘密は未だ分かりません。

王翦は最強部隊を送って、李牧軍の一角を崩してみますが、それでは陣形を回復されてしまい、意味が無いようです。

『キングダム』605話 王翦が李牧の戦術を看破する?信・王賁が危ない 展開予想

605話「王翦の読み」の考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

ついに李牧と王翦という中国の歴史上屈指の将軍同士が激突しました。

李牧は特殊な戦術で王翦軍を翻弄していますが、これはいつまで続くでしょうか。

ことぶき
いくら李牧の戦術とは言え、長い間観察すれば、王翦もカラクリに気づくと思われます。

しかし、李牧のカラクリを看破するまで時間がかかってしまえば、王翦の兵士達はかなり削られ、戦力大幅ダウン必至です。

王翦か、智将・田里弥がどれだけはやく李牧の戦術のカラクリを見いだすかが、勝敗を決するカギとなってきそうです。

ことぶき
しかし、李牧自身はもっと巧妙で摩訶不思議な戦術・陣形を使ってくるはずです。

それに王翦がどう対応するのか、いまから楽しみでなりません。

飛信隊と玉鳳隊は尭雲の「十槍」と「雷雲」と再び決戦の刻を迎えています。

疲労困憊してダメージが蓄積している信と王賁はかなり危なそうですが、信も王賁も「雷雲」部隊とは一度戦っているので、相手の手の内は見えています。

あとは、兵士の士気の問題となってきそうです。

となると、飛信隊・玉鳳隊とも勝機が見えてきそうです。

-キングダム
-ネタバレ, ヤングジャンプ, 感想, 考察

Copyright© 鋼鉄書房 , 2019 All Rights Reserved.