ワンピース

913-914『ワンピース』ネタバレ考察「鶴の恩返し」ホーキンス対ルフィ・ゾロ、お菊・浦島太郎も登場?画バレ感想

更新日:

こんにちは! 月に100冊以上マンガを読むことぶき@akitoshijp )です。

『ワンピース』最新 914話「おこぼれ町」のネタバレ考察はこちらを見てください。


914話で侍《サムライ》であることが判明した「お菊」について考察しました。こちらを見てください。
お菊
お菊:『ワンピース』913話「鶴の恩返し」より引用
914話『ワンピース』ネタバレ考察 お菊は「男の娘」?ヤマタノオロチ伝説と歌舞伎との関係から解説【最新話】

913話で初登場したおこぼれ茶屋の「看板娘」お菊が話題となっています。 913話のネタバレ考察はこちらを見てください。 ...

続きを見る


917話で登場しそうなゾロの幼なじみ・くいなについて書きました。こちらを見てください。
くいな
くいな:『ワンピース』5話「海賊王と大剣豪」より引用
『ワンピース』917話で「くいな」が革命軍として「ワノ国」に現れる?!ネタバレ考察【最新話】

ゾロの幼なじみで、ゾロが世界一の剣豪を目指すきっかけとなった「くいな」が、数字に合わせて917(くいな)話で登場するので ...

続きを見る

2018年8月6日(月)発売の『週刊少年ジャンプ36・37 合併号』に掲載の尾田栄一郎『ONE PIECE』913話「鶴の恩返し」を読みました。

912話「編笠村《あみがさむら》」ではお玉と飛徹《ひてつ》だけが暮らしている様子や、ワノ国がカイドウの工場の公害で汚染されている状況が明らかになりました。

そして天狗の飛徹が持っていた刀は「二代鬼徹《きてつ》」でゾロの「三代鬼徹」とのつながりが見えてきました。

その二代鬼徹を持ったルフィは毒で苦しんでいるお玉をワノ国の「花の都」の医者のところへ連れて行こうとします。

そこでゾロと再会し、カイドウの部下となった「真打ち」バジル・ホーキンスと戦闘態勢に入ります。

912話「編笠村」の詳しいネタバレ考察はこちらを見てください。

912話
ワンピースと読売新聞のコラボ:『ワンピース』912話「編笠村」より引用
912話『ワンピース』ネタバレ考察「編笠村」感想 エースとお玉の出会い、ゾロとついに再会?

7月23日(月)発売『週刊少年ジャンプ34号』に掲載の尾田栄一郎『ONE PIECE』912話の「編笠村」を読みました。 ...

続きを見る

ホーキンスとゾロ・ルフィの問答

ホーキンスは

観光ならやめておけ
この国を裏で誰が牛耳っているか知ってるのか?

と問います。

ワノ国はそう簡単に入って来れないことはホーキンスも知っているはずで、カイドウがワノ国を牛耳っているのも公にはしていけないものの周知の事実です。

ことぶき
ホーキンスルフィとゾロにカマをかけているんですね。

ゾロは

知らねェな!!

ホーキンスの質問の意図が分かった上で知らないフリをします。

しかしルフィは

カイドウだろう!!

と堂々と答えてしまいます。ルフィはさらに

「四皇」をブッ飛ばしに来たんだ!!

とケンカを売ります。

ことぶき
四皇の一角であるビッグ・マムに正面からケンカを売って無事に生還したルフィですから、百獣のカイドウも恐れません。同じ「最悪の世代」とはいえ、カイドウの部下になってしまったホーキンスとはもう格がかなり違いますね。

ゾロは

おいルフィ!
そういうのも言っちゃダメだと錦えもんが…

とたしなめます。あくまでもカイドウのことは知らない体でいなければならないのです。

ことぶき
ゾロが常識人に見えますね。しかし、カイドウと将軍への反乱を企てている「錦えもん」の名前を口に出してしまったのはちょっと失策だったかもしれません。この発言から芋づる式に摘発されてしまえば一網打尽です。

すると、ルフィは

今のはウソだ!!
知らねェ!!

と言います。もう遅いですが、いずれ感づかれるでしょうし、ホーキンスも知った上での質問でしょう。

狛犬の「狛ちよ」は「グルルル」と威嚇し、お玉は「ハァハァ」と苦しそうにあえいでいます。

もはや一刻を争う事態ですが、ホーキンスは見逃してくれそうもありません。

ルフィ・ゾロ VS ホーキンス戦

ホーキンスはタロットカードを出して

お前達が一ヶ月後
生きてる確率…
19%

と未来を占います。

バジル・ホーキンスの未来予知:『ワンピース』913話「鶴の恩返し」より引用

バジル・ホーキンスの未来予知:『ワンピース』913話「鶴の恩返し」より引用

バジルホーキンスの能力は占いによって、未来を予知できるというものです。

ビッグマムの息子・カタクリは「見聞色の覇気」を極めて、少し先の未来が見えるという能力を持っていますが、ホーキンスは一ヶ月以上先を占うことができるので、より有利な能力と言えるでしょう。

ことぶき
『ハンターハンター』でも散文詩の形式で未来を予知できるネオンというキャラがいましたが、ネオンは自分の未来は占えません。しかし、ホーキンスの能力は自分の未来を占うこともできるので手強い相手となります。

また、ホーキンスはワラ人形の身代わりを作って攻撃を肩代わりさせたり、自分がワラ人形の妖怪のようになって攻撃することもできます。

一見、全く隙のなさそうなホーキンスですが、「シャボンディ諸島」では黄猿にボコボコにされて負けていたので、圧倒的なパワーでゴリ押しすればなんとかなりそうな敵でもあります。

ことぶき
ルフィは2年の修行の末、カタクリを倒すほどの力を手に入れていますし、ゾロも修行&妖刀の力でかなりのパワーアップをしているので、二人がかりでホーキンスに負けることはないでしょう。

しかし、ルフィが「二代鬼徹」、ゾロが「三代鬼徹」という「持ち主を死に至らしめる妖刀」を持っているので、何か不測の事態が起きそうにも感じます。

ルフィがゾロに「二代鬼徹」を渡せばゾロがさらにパワーアップしそうな気もしますが。

名刀「二代鬼徹」に興味を持つゾロ、ルフィの剣技はいかに?

ルフィが「名刀でござるだろ?」と自慢すると、ゾロは

いや本当に名刀の気配がする

と、大業物の気配を敏感に察知します。ルフィに見せてもらおうとすると、ルフィは鞘《さや》をぶん投げて、

いやいやキるでござるぞ

と刀を使う気満々です。ルフィは今まで刀を使って戦ったことがなかったので、どう戦うのかと思うと、

ゴムゴムの銃(ピストル)

と刀をにぎったまま、敵をパンチで倒します。

ルフィ、二代鬼徹を持って「ゴムゴムの銃」:『ワンピース』913話「鶴の恩返し」より引用

ルフィ、二代鬼徹を持って「ゴムゴムの銃」:『ワンピース』913話「鶴の恩返し」より引用

思わずゾロも、

ピストルじゃねぇか!!!

と突っ込みます。

ことぶき
予想通りの展開ですが、ツッコんでいるゾロも刀を口にくわえて戦うかなりヤバい人なんですけどね。

ルフィは襲いかかってきたトカゲをぶん投げると、ホーキンスは

藁備手刀《ワラビデとう》

でトカゲを倒します。

スキを見てゾロがホーキンスを斬りますが、そのダメージはとなりにいた手下に移ってしまいました。

ホーキンスの「ワラワラ」の能力とは?

ホーキンスの「ワラワラ」の能力、藁人形(ストローマン)は部下達の命を自分の身体に宿して、ホーキンスが受けたダメージがその部下に移ってしまうという能力です。

手下が10人いて、その命を全部宿せば10回死んでも大丈夫という非道な能力です。

ことぶき
ホーキンスがいくら有能で強くても、この能力では人が付いてこなさそうです。

ホーキンスは

さて「ゲーム」を始めようか……!!

といい、「藁人形ズカード(ストローマンズカード)」を引きます。

ホーキンスは「最悪の世代 2人を相手に一途に戦う程おれは実直ではない」と言っています。

ホーキンスの「藁人形ズカード(ストローマンズカード)」:『ワンピース』913話「鶴の恩返し」より引用

ホーキンスの「藁人形ズカード(ストローマンズカード)」:『ワンピース』913話「鶴の恩返し」より引用

ことぶき
相手との戦力差を図る現実主義者で、それがカイドウの傘下に着くという結論になったのでしょう。

「藁人形ズカード」はタロットカードに似たカードで、引いたのは

「愚か者」逆位置でした。これは「仲間割れ」のカードで、ホーキンスの仲間同士が斬り合う結果となりました。

これを見てホーキンスは

リスクを受け入れる分
己の限界を超える力を与えてくれるカードもある

と行っていますが、リスクとはいえ、自分にはダメージが来ていないので釈然としないです。

逃げるルフィとゾロ達にホーキンスはどうする?

ルフィ達とホーキンスが戦っているときに、狛ちよがお玉をくわえて逃げていきます。

ことぶき
毒の川の水を飲んだ「お玉」を一刻も早く助けたいという主を思う犬の気持ちが泣けます。

ホーキンスは「法王」逆位置のタロットを引きます。これは「追撃」のカードで、藁人形を出します。

ことぶき
夜叉のような藁人形は『ジョジョ』のスタンド能力に影響を受けていそうです。

この藁人形の力は、ゾロも押されるほど強く、口から釘を吐き出すという飛び道具まで持っていました。

ゾロは「弐斬り(にぎり)」の

登楼 砂紋《さもん》

で藁人形を斬ります。

ホーキンスは「法王」援護のカードが出ていることから、誰かが手を引いてゾロとルフィは逃げることに成功すると分かり、手を引きます。

ことぶき
ホーキンスは自分の占いに絶対の自信を持っているのか、タロットに従うばかりで面白みに欠けますね。ただこういうキャラがしぶとく生き残っていきそうです。

ゾロに助けられた「お鶴」の恩返し?

ひょっこりと狛ちよの尻尾から出てきたのは、

茶屋の店主 お鶴(べん!!)

でした。お鶴は「浮世絵の美人画」からそのまま抜け出てきたような外見をしています。

お鶴(茶屋の店主):『ワンピース』913話「鶴の恩返し」より引用

お鶴(茶屋の店主):『ワンピース』913話「鶴の恩返し」より引用

「お玉」と知り合いのようで、川の水を飲んだと聞くと、医者ではなく自分の「茶屋」へ連れて行くと言います。

この川の毒を解毒するためには、「薬草」を煎じて飲むのが一番とのこと。

ことぶき
お玉の病状をみているととても「花の都」まで持ちそうにないので、安心しました。

お鶴は「緑の御仁(ゾロ)」の手当も申し出ます。

ことぶき
文字通り「鶴の恩返し」ですね。ゾロとお鶴のラブロマンスが始まりそうな予感もします。

ワノ国編ヒロイン? お菊と横綱「浦島太郎」登場!

ワノ国 九里の「おこぼれ町」では、

お菊 おれの女房になれ

と大和撫子風美女に迫っている男がいます。

その男はカイドウの農園の安全な食事ができるようで、そのメシで美女を釣っています。

その美女とは

茶屋の看板娘 お菊(べん♥)

でした。

お菊(茶屋の看板娘)と浦島(横綱):『ワンピース』913話「鶴の恩返し」より引用

お菊(茶屋の看板娘)と浦島(横綱):『ワンピース』913話「鶴の恩返し」より引用

ことぶき
お鶴登場の「べん!!」と比べると、♥が付いていて差を感じます。ワノ国編のヒロインとなるのでしょうか。

お菊は身分違いなので、「注文がなければどうかお引き取りを」とやんわりと断っています。

その男は汚染された店の物は食べたくないとごねます。

この男は、「花の都」で有名な横綱で、ワノ国一のすもう取り「浦島」であるとのこと。

ことぶき
「浦島」というと『浦島太郎』でしょうし、相撲も登場するし、本当に日本的モチーフがこれでもかと出てきます。

そんな有名人に迫られてお菊は困っていると、お鶴たちが来て、浦島は退散します。

ことぶき
毒に効くクスリは「邪含草《じゃがんそう》」というそうですが、字面だけ見ると毒みたいですね。「毒をもって毒を制す」ということでしょうか。

トラファルガー・ロー率いる「ハートの海賊団」登場!

一方、ある山の上ではチョンマゲをつけたクマ(ベポ)と男2人(ペンギンとシャチ)が

そうだろアレ!!
「麦わら」達だろ!?
騒ぎを起こす前に呼び行くか?
お前目立つからなー ベポ

と言っています。

ベポ、シャチ、ペンギン(ハートの海賊団):『ワンピース』913話「鶴の恩返し」より引用

ベポ、シャチ、ペンギン(ハートの海賊団):『ワンピース』913話「鶴の恩返し」より引用

ことぶき
ベポはトラファルガー・ローが率いる「ハートの海賊団」の一員ですね。

ハートの海賊団は新世界にはいったあと、「麦わらの一味」と海賊同盟を結んでいます。

また、有力メンバーで航海士のベポはクマのような外見をしたミンク族です。

ことぶき
海賊同盟を結んでいる上、ミンク族とのつながりもあるルフィ達にとって、強力な助っ人となるでしょう。現在行動を共にしているキャロットとベポにも何らかのつながりがありそうです。

また、ハートの海賊団がいるということは、超新星の一角で元王下七武海の1人である北の海出身の海賊トラファルガー・ローもワノ国入りしているか近くにいる可能性が高いです。

ことぶき
ルフィと同じ「D」という名前を持つロー、また共闘ということになればかなり力強いですね。

『ワンピース』913話「鶴の恩返し」まとめ

913話を簡単にまとめると

  • ホーキンスがルフィとゾロ達の未来を占い、戦いが始まる
  • ゾロが「二代鬼徹」に気づくがルフィは渡さない
  • 狛ちよが「お玉」をくわえて逃げるが、ホーキンスが追ってくる
  • 狛ちよの尻尾の中から「お鶴」が出てくる
  • お玉を解毒するために、茶屋の薬草(邪含草)を飲ませに行く
  • 茶屋で「お菊」が横綱「浦島」に口説かれている
  • お鶴とルフィ達が来て、浦島は退散
  • 遠くから「ハートの海賊団」の団員がルフィ達を見ている

となります。

『ワンピース』914話の展開予想

『ワンピース』914話「おこぼれ町」のネタバレ考察はこちらを見てください。

913話では新キャラとして「お鶴」と「お菊」という2人の女性が出てきました。

この2人はワノ国編の重要人物であることは間違いありません。

ことぶき
サンジがこの2人に会えば、秒速で口説きに行くでしょうね。

さらに「浦島」という『浦島太郎』の物語を彷彿とさせるキャラまで出てきました。

ことぶき
お玉が「きびだんご」のような能力を使い、「桃太郎」を彷彿とさせますが、浦島太郎の話がどう絡んでくるのか興味深いです。

ワノ国編に入って、日本の昔話的な要素がてんこ盛りで、日本人なら共通理解があるのですごく盛り上がるのですが、海外の読者にとっては「?」な展開になりそうです。

世界一の親日国「台湾」では「桃太郎」は知られていますが、そのほかの昔話はあまり知られていないようでした。

『ワンピース』をきっかけに日本の昔話も注目されていきそうです。

ワノ国編が本格的に始まる『ワンピース』90巻収録分のネタバレ考察のまとめと最新話まであらすじ、感想はこちらを見てください。

90巻
ゾロ(ゾロ十郎):『ワンピース』909話「切腹」より引用
『ワンピース』【最新】90巻【9月4日発売】ネタバレ考察 プリンの最後のお願い、マリージョアの宝、イム様とは?そしてワノ国へ!

『ONE PIECE』第90巻収録の第901話から第909話をまとめました。 『ワンピース』90巻の発売日は2018年9 ...

続きを見る

現在出版されている最新巻 89巻のネタバレ考察はこちらを見てください。

ことぶき
合法的に無料で89巻を読む方法も紹介しています。
89巻
尾田栄一郎『ワンピース』89巻「BADEND MUSICAL」表紙より引用
【無料】『ワンピース 89巻』ネタバレ考察「BADEND MUSICAL」ビッグ・マム編が佳境に!あらすじ感想 ONE PIECE

この記事では『ONE PIECE』第89巻収録の第890話から第900話をまとめています。 『ワンピース』89巻は「U- ...

続きを見る

-ワンピース
-あらすじ, ネタバレ, 感想, 画バレ, 研究, 考察

Copyright© 鋼鉄書房 , 2018 All Rights Reserved.