キングダム

『キングダム』559話 ネタバレ考察「右翼の行方」あらすじ感想 亜光の絶体絶命のピンチに現れたのは?

更新日:

こんにちは! 月に100冊以上マンガを読むことぶき@akitoshijp )です。

2018年5月24日(木)発売の『週刊ヤングジャンプ 25号』収録の原泰久『キングダム』559話「右翼の行方」を読みました。

趙国軍の馬南慈《ばなんじ》将軍に防陣を抜けられ、大ピンチの亜光《あこう》将軍。

前回の558話「人外の武」のネタバレ考察はこちらを見てください。

趙の尭雲《ぎょううん》将軍も迫り、亜光は一人で趙の2将軍を相手にしています。

亜光が尭雲と馬南慈に挟撃され、大ピンチに

ことぶき
いくら王翦《おうせん》の片腕・亜光とはいえ、趙の猛将を二人も相手にするのは分がわるすぎます。

秦国の兵からは馬南慈と尭雲に卑怯だと言う声がかけられますが、馬南慈の言うとおり亜光の作戦負けでしょう。

馬南慈:『キングダム』559話「右翼の行方」より引用

馬南慈:『キングダム』559話「右翼の行方」より引用

ことぶき
亜光は王翦直伝の防陣が破られるはずがないと思っていたのでしょうが、李牧は王翦の防陣の弱点を的確に把握していました。

亜光の苦境を知らされた王賁の判断とは?

飛信隊の信と玉鳳隊の王賁《おうほん》は趙の将軍・岳嬰《がくえい》を撃破しようと奮闘していますが、こちらも苦戦しています。

ことぶき
岳嬰軍は主である慶舎《けいしゃ》を討った信を必ず倒そうと士気が最高潮になっています。

亜光の作戦では岳嬰を必ず仕留めるため信と王賁という2将軍をぶつけたわけですが、王賁は岳嬰に近づけずにいます。

そこへ亜光軍の苦境を知らせる伝令が来て、「亜光が馬南慈・尭雲に攻められ、副将・虞寧が討ち死に」というニュースが入ります。

王賁はしばし目を閉じて熟考し、

この右翼において 亜光将軍の代わりはきかぬ
玉鳳本隊は左に反転
亜光将軍の救出に行くぞ!

と叫びます。

ことぶき
王賁も馬南慈と尭雲の二将の実力を十分に認めていて、亜光の命が危ないことを瞬時に判断したのでしょう。

味方からも「岳嬰を討たないと右翼全体がまずいのでは」という疑問があがりますが、王賁は

岳嬰には 飛信隊 信が迫っている
岳嬰の首は 信(あいつ)に託す

と答えます。

信と王賁:『キングダム』559話「右翼の行方」より引用

信と王賁:『キングダム』559話「右翼の行方」より引用

この発言には玉鳳隊の面々も驚きます。

ことぶき
普段は何かと衝突する信と王賁ですが、お互いの実力は認め合っているライバルだからこそ出てきた言葉ですね。

その上、王賁は関常隊は残して、岳嬰軍に突撃するという構えは見せて、あくまでも岳嬰に2隊で当たるという姿勢を見せることで、信を陰ながら援護します。

ことぶき
一瞬で亜光を助けに行くことを決意しつつ、信が不利にならないように計らう王賁。さすが秦の名将・王翦の息子です。

王賁は、たとえここで岳嬰を討てても、右翼のリーダーである亜光が討たれれば総崩れになってしまうことをよく分かっています。

もし亜光の首が斬られて、それが戦場に掲げられれば、趙国軍の士気は上がり、秦国軍の士気は最低になってしまいます。

ことぶき
将軍の首というのは、当時の戦場においてそれほど重要なモノだったのですね。

王賁は亜光の生還を信じて救援に行きますが、最悪の場合、遺体だけでも取り戻す算段です。

ことぶき
一瞬で最悪の事態まで想像してしまう王賁の洞察力。このあたりは熱血型の信にはない強みですね。

亜光の絶対絶命の危機を救ったのはヤバい千人将

馬南慈と尭雲の二将軍に挟撃されている亜光。

どうみても大ピンチです。

尭雲と馬南慈に挟撃される亜光:『キングダム』559話「右翼の行方」より引用

尭雲と馬南慈に挟撃される亜光:『キングダム』559話「右翼の行方」より引用

ことぶき
いかに亜光が歴戦の猛将とは言え、匈奴を倒した馬南慈と、前回「人外の武」を示した尭雲相手では分がわるすぎます。

それでも亜光は奮闘し、馬南慈の兜《かぶと》を割りますが、馬南慈の反撃で自分の兜も割られてしまいます。

体勢を崩したところを尭雲の斬撃が襲い、あわや首が落とされてしまうというところに亜花錦《あかきん》が現れて、亜光を助け出します。

亜花錦が亜光を助ける:『キングダム』559話「右翼の行方」より引用

亜花錦が亜光を助ける:『キングダム』559話「右翼の行方」より引用

まさに危機一髪。

ことぶき
亜花錦はセリフが「ギャギャギャ」とか「ギギギ」とか言うクセがすごい武将で、こんな大ピンチでも笑顔で瞳孔が開いているようなヤバい将軍ですが、頼りになります。

尭雲と馬南慈という猛将相手に救援に入れるのはこういうちょっとヤバい武将じゃないと無理なんでしょうね。

ことぶき
亜花錦はこの時点でまだ千人将ですが、ここで亜光を救い出せれば、昇進間違いなしでしょう。

ただ、亜光は尭雲の一撃で乗っていた馬を失ってしまいました。

今は亜花錦の馬に乗せられているのですが、二人乗りでこの修羅場を抜けるのは至難の業でしょう。

ことぶき
亜光の防陣は完全に攻略されてしまっていますし、亜光は一時的に気を失っている状況です。

まだまだピンチです。

『キングダム』559話「右翼の行方」まとめ

559話を簡単にまとめると、

  • 亜光が尭雲と馬南慈に挟撃される
  • 亜光ピンチの報を受けた王賁が亜光救援に行くことを決意
  • 王賁は岳嬰撃破を信に託す
  • 亜花錦が亜光を助ける

となります。

次回、560話「信の間合い」のネタバレ考察はこちらを見てください。
560話「信の間合い」


『キングダム』最新巻50巻のネタバレ考察はこちらを見てください。無料で読める方法も書きました。


『キングダム』51巻収録予定の548話から558話をまとめました。こちらを見てください。

-キングダム
-あらすじ, ネタバレ, ヤングジャンプ, 感想, 考察

Copyright© 鋼鉄書房 , 2018 All Rights Reserved.