漫画・書評・アニメ・映画の考察ブログ

鋼鉄書房




進撃の巨人

タイバー家・ヴィリーの戦略とエレン達の計画『進撃の巨人』第100話「宣戦布告」1

投稿日:2017-12-09 更新日:




こんにちは! ことぶく(@kotobukujp )です。


『別冊少年マガジン 2018年1月号』で諫山創『進撃の巨人』第100話「宣戦布告」が発売されました。

ことぶく
『別マガ』もこの巻で100号とのことで、記念すべき連載が記念すべき号にのることになりました。

この記事ではタイバー家の戦略とマガト達の覚悟の部分を考察しています。

以下ネタバレ有りの考察なので未読の方はご注意ください。

タイバー家・ヴィリーの演説

前回、エレンが世界の敵であると宣言したヴィリーですが、演説は続きます。

演説中に狙われることを自覚しているヴィリー

マガト隊長とヴィリーが馬車の中で話し合っています。

ヴィリーは自分がパラディ島のエレンたちに狙われることが分かっているようです。

マガト隊長に「演説の最中に狙われるのではないか」と不安を漏らし、マガトはそれを肯定しています。

ことぶく
今回のヴィリーの演説は覚悟の上だったんですね。

マガトは更にマーレ国の幹部が全員集まるのはその時だけであると告げているので、エレンたちはマーレの重鎮たちも狙っていることがわかります。

ヒィズル国の重鎮がその場を逃れたということは、やはりエレン達の計画を知っていたからでしょう。

タイバー家・ヴィリーの戦略

タイバー家のヴィリーは先代まではノホホンとしていたようですが、ヴィリーは世界中の上層階級と交流を深めて、悪魔の末裔と言われたきたエルディア人の地位の向上を図ってきたとのこと。

そして、エレン達のいるパラディ島の動向にも常に注意していました。

ことぶく
「敵は海を渡り 我々の首元まで迫っていた」と言っているので、エレン達の計画に気付いているようです。

さらに「もはや いつ喉を切り裂かれてもおかしくない」と言うので、かなり深刻な事態にあることも自覚している様子。

スポンサーリンク

マーレの中に入り込んだパラディ島のスパイ

ヴィリーはマーレの人たちの中にもパラディ島の協力者が紛れ込んでいることも掴んでいます。

ということは、エレンたちのようにパラディ島からやってきた者以外に、マーレ人でありながらエレンたちに協力しているスパイのような人がいることになります。

今まで登場したマーレの軍人の中で怪しいのは、やはりエレンの兄・獣の巨人ジークです。

ことぶく
第99話で一人会場から離れて、100話ではついにでてきませんでしたが、何か裏工作しているのかもしれません。

ヴィリーも軍の内部に離反者がいるかもしれないことを予想しています。

ヴィリーとマガト隊長の覚悟

ヴィリーとマガトは今回の演説によって、大勢の死者が出ることが分かっているます。

マガトはヴィリーにそのことを告げますが、ヴィリーはマガトが今まで戦場でエルディア人を突撃させてきたのと同じことだと言います。

マガトはしかしこれから起こることは戦争ではない、敵の正体も目的も攻撃手段も不明、そして現場は民衆で満ち溢れていると反論します。

ことぶく
端的にいうと、「テロ」が起こるということですね。

現実の世界でほぼ毎週のようにテロが起こり、人々が犠牲になっていることを考えると、作者はかなりアクチュアルな課題を漫画に込めているように思います。

死を受け入れてるヴィリー

マガトはタイバー公・ヴィリーはここで命を失うであろうことを案じていますが、ヴィリーはそれも覚悟の上で演説をすると譲りません。

自分の信念を通すと言えば聞こえは好いですが、巻き添えになる民衆の人達は何も知らないうちに犠牲になってしまいます。

ヴィリーはレベリオ収容区の人たちも犠牲になるのは致し方ない、エルディア人が被害に合うことで、世界はタイバー公のたきつけたとおりに動くだろうと言います。

ことぶく
つまり、ヴィリーの演説はエレン達パラディ島の者たちを釣る罠だというのです。

犠牲を承知で進むヴィリーとマガトは自分たちは「悪魔の末裔」ではなく「悪魔」そのものであると述懐します。

そしてガッシリと握手するマガト隊長とヴィリー。

握手するヴィリーとマガト隊長『進撃の巨人』100話

握手するヴィリーとマガト隊長:『進撃の巨人』100話「宣戦布告」より引用

タイバー公・ヴィリーの告白

演説の場面に戻ります。

ヴィリーはタイバー家は救世の一族などではなく、巨人大戦後の一族の安泰を条件にパラディ島の王カール・フリッツと手を組み、マーレにエルディア人を売ったと告白します。

そのことにより、ヴィリー達タイバー家はエルディア人でありながら世界から尊敬され迫害とは無縁の待遇を手に入れたと続けます。

ことぶく
ヴィリー自身がこの事実を知らされたのはタイバー家の当主となった時であることから、本当に一部の者しかこの事実を知らなかったようです。

見ている観客たちは初めて聞かされる事実にかなり動揺しています。

続きの記事はこちらを見てください。

No.100-2
超大型巨人「地ならし」『進撃の巨人』第100話「宣戦布告」
超大型巨人による「地鳴らし」と巨人を無力化する罠『進撃の巨人』第100話「宣戦布告」2

『別冊少年マガジン 2018年1月号』で諫山創『進撃の巨人』第100話「宣戦布告」が発売されました。 この記事は第2弾で、第1弾のネタバレあり考察記事はこちらを見てください。 この記事の目次穴に落とさ ...

続きを見る

穴に落とされたピークとポルコの動向と、ヴィリーが明かすパラディ島の壁の名前の由来と最終兵器について明かされる

無料で『進撃の巨人』のコミックスを読む方法

『進撃の巨人』コミックスはU-NEXTというWEBサイトで、無料かつ100パーセント 完全 合法で読むことができます。

ことぶく
U-NEXTはhuluやNetflix、Amazon Primeビデオのような動画配信サービスで、映画やアニメ、ドラマをたくさん取り扱っているのですが、電子書籍サービスもあります。

今なら31日間の「完全無料お試しトライアル」に申し込むことで600ポイントもらうことができて、そのポイントを使えば『進撃の巨人』の読みたい巻(最新刊でもOK)を無料で見ることができます。

ポイント使用で他のマンガを読むこともできます。『ワンピース』とかメジャーなものからマイナーなものまでラインナップは幅広いです。

ことぶく
もちろん、31日間の無料登録期間に解約すれば、料金は一切かかりません。

メモ

その31日間は無料でU-NEXTの通常会員と同様のサービスを受けることが出来ます。

漫画が無料で読める上、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られるオトクなサービスを1ヶ月できるので、オススメです。

ことぶく
下のリンクから最初の10数ページを無料で立ち読みできます。

→ 無料で『進撃の巨人』24巻を読む

第95話から第98話まで収録の『進撃の巨人 第24巻』考察まとめ記事はこちらを見てください。

24巻
『進撃の巨人』24巻表紙画像
『進撃の巨人 24巻』ネタバレ考察まとめ。ライナー達の苦悩から第1巻の悲劇に繋がるまで

諫山創『進撃の巨人』の第24巻を読みました。 『別冊少年マガジン』連載でも読んでいましたが、単行本で一気に読むと作者の構想の緻密さと悲劇性が際立ち、あらためて傑作だと思い知らされます。 24巻の表紙は ...

続きを見る

→ 無料で『進撃の巨人』23巻を読む

ことぶく
今なら、「U-NEXT」でアニメ『進撃の巨人』シーズン1とシーズン2と映画版2部作見放題です。

→ 無料で『進撃の巨人』を見る
本ページの情報は2018年1月時点のものです。最新の状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

AMAZONや楽天から買う場合はこちら!







-進撃の巨人
-ネタバレ, マガジン, 考察

Copyright© 鋼鉄書房 , 2018 All Rights Reserved.