キングダム

キングダム 589-590 ネタバレ考察 感想 王翦の決死隊が鄴の食糧を焼く? 桓騎軍の動き、軍師・河了貂の懊悩レビュー【最新話】

こんにちは! 月に50冊以上マンガを読むことぶき@akitoshijp )です。

『キングダム』最新話 『キングダム』605話「王翦の読み」の考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

605話
原泰久『キングダム』605話「王翦の読み」
キングダム 605-606 ネタバレ考察 感想 王翦自ら驚きの作戦で李牧の陣形を崩しに行くが? レビュー【最新話】

2019年6月27日(木)発売の、『週刊ヤングジャンプ 30号』(電子版)を買って、原泰久『キングダム』605話「王翦の ...

続きを見る

無料で『キングダム 53巻』【最新巻】を読む方法と考察と感想(ネタバレ有レビュー)のまとめはこちらを見てください。


『キングダム』54巻の考察と感想(ネタバレ有レビュー)まとめはこちらを見てください。
54巻
王賁と尭雲の一騎打ち:『キングダム』586話「二突きの勝負」より引用
キングダム 54巻 ネタバレ考察【最新巻】感想 王賁と信が覚醒するが、尭雲の計略で王賁が討たれる!?レビュー

原泰久『キングダム』54巻収録の各話をまとめました。 無料で『キングダム』53巻を読む方法と考察と感想(ネタバレ有レビュ ...

続きを見る

2019年2月14日(木)発売の『週刊ヤングジャンプ 11号』(電子版)を買って、原泰久『キングダム』590話「夜の出来事」を読みました。

ことぶき
以下ネタバレありの考察と感想(レビュー)なので、未読の方はご注意ください。

588話「右翼の本命」の考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

今回の戦いで、趙が守るべき城郭都市・鄴《ぎょう》には14日前からすでに王翦の隠密が紛れ込んでいました。

ことぶき
王翦が周辺の9つの城を落として、難民を発生させ、鄴に逃げ込ませていました。

前回明らかになったことは、王翦がこの難民に紛れさせて、自らの兵を密かに送り込んでいたという衝撃の事実でした。

どうやって紛れ込ませたかというと、王翦は兵士を傷病者に仕立て上げ、包帯でグルグル巻きにしていたのです。

ことぶき
ミイラみたいな外見になるので、本人確認もままなりません。

一応、鄴でも帳面と人物を照会させていたようですが、いっきに難民があふれてきたため、どうしても漏れが出てしまいます。

今、EUで起きていることも同じようなことでしょうね。
ことぶき
難民に紛れてIS(イスラム国)などの過激派がどんどんヨーロッパ各地に潜在しているでしょう。

趙・鄴に紛れ込んだ王翦の兵が食料庫「蔵」を襲撃する

こうして王翦の多数の兵士が隠密として鄴の各領域に忍び込みました。

忍び込んだ後、偽装した包帯を脱ぎ捨てて向かうのは食料庫「蔵」です。

ことぶき
李牧は犬戎を用いて、秦国の兵糧を焼き払い、壁将軍と楊端和を絶望の淵に陥れましたが、秦側も考えていることは同じなんですね。

しかし、鄴の細い路地などを知っている上、変装するための甲冑まであるというのは、内通者もいそうですね。

東西南北、4つにわかれた蔵を正確に把握し、同時に火を放つという計画ですが、決行後にすべての兵士は殺されることを覚悟しています。

ことぶき
中国には古来より、ユダヤ・キリスト教やイスラム教のように、死後 天国に行けるという信仰はありません。何が兵士達を決死の作戦に駆り立てるのでしょうか。

いにしえより、中国では親族(宗族)の行く末が、絶対視されてきました。

自分が死んだとしても、自分と血を分けた者が生き残れば良いというのは、遺伝子としても合理的な判断なのかもしれません。

この蔵を焼く計画が成功すれば、兵士達の親族は「英雄の一族」として厚遇されるでしょう。

また、中国には古来より

「士は己を知る者の為に死ぬ(男子たるもの、自分の真価を認めてくれた人のためなら死んでも良い)」

という考え方があります。

この言葉『史記・刺客列伝』によると戦国時代の晋国の予譲が言ったとされ、秦国でも同じような思考があったのでしょう。

王翦は無口であるうえ、仮面をかぶっていて表情もよく分かりませんが、才能をきちんと見て依怙贔屓《えこひいき》しないため、部下には慕われていそうです。

鄴の食料庫「蔵」が全て燃える!?城主の反応は?

王翦の決死隊による食料庫への放火はすべての蔵で成功したようです。

ことぶき
覚悟を決めた兵士達は、やはりすべて殺されてしまいました。死に顔が安らかのが救いです。

この異変を知らされた鄴の老城主、取り乱した反応をするのかと思いきや、ことのほか冷静です。

普段の人数分の食料しかないところへ、多数の難民、そして兵糧喪失は絶望的な状況です。

そんななか、冷静に指示を飛ばし、焼かれていない食料の量を把握するよう急がせるというのはかなり有能です。

決して兵士達や住民に知られないようにするのも得策です。

ことぶき
最も怖いのは、食糧喪失によって城内に混乱が起き、略奪がおこり、治安が崩壊することです。

普段は倫理的な日本人ですが、震災の時は食糧や水の買い占めが起ったことを考えると、人間は昔から何も進歩していないと暗い気持ちになってしまいます。

城主は鄴の食糧が「あと何日持つのか」それをまず把握して、李牧に知らせるつもりのようです。

食糧に余裕があり、自軍有利と思っていた李牧にはかなり衝撃的な伝令となるでしょう。

ことぶき
城内の食糧のほとんどを喪失となれば半沢直樹の「倍返し」でも足りないくらいです。李牧も兵站(ロジスティクス)の整備に追われるでしょう。

秦・桓騎軍は食料庫「蔵」の襲撃を待っていた?

鄴の城外では、秦の桓騎将軍たちが包囲しています。

桓騎将軍だけは王翦の計画を知っていたので、城内の火災にも驚きませんが、他の部下達は何が起ったかさえも分かっていないようです。

ことぶき
王翦の隠密兵士たちによる破壊工作を知っているのは、王翦・桓騎をはじめごく少数しかいなかったのでしょう。敵を欺くにはまず味方からとも言いますし。

朱海平原の戦い 14日目開始 軍師・河了貂の苦悩とは?

後方の鄴では食糧のほぼ全てが焼かれるという緊急事態が起っていますが、当時の通信手段は「鳥(鳩でしょう)」だったので、速報が入るまで1日を要します。

ことぶき
もし現在のように電話やメールがあれば、すぐに情報は伝わり、秦軍の士気は上がり、趙軍は大混乱に陥るでしょう。

鄴での決死の兵士達の働きを知らないので、秦の右翼は悲壮感に満ちています。

右翼では大将の亜光《あこう》を失い、玉鳳隊の王賁《おうほん》も討ち取られ、重傷です。

昨夜、飛信隊が右翼の中心となり、信が大将となることが決まりました。

信や副将・羌瘣《きょうかい》は案外落ち着いていますが、軍師の河了貂《かりょうてん》は責任感に押しつぶされそうになっています。

ことぶき
軍師は自分の采配によって、万単位の人間が死んでしまいます。今までこんな大軍を扱ったことがなかったため、緊張するのも仕方ないでしょう。

日露戦争で数万の兵士を失った乃木希典大将は、明治天皇の死に殉じ、自害しました。

兵士の命を大切に思えども、死地に赴かせることが仕事という矛盾が軍師をさいなむのでしょう。

仲間を死に追いやる覚悟を決められずにいる河了貂を元気づけようと、いきなり羌瘣が河了貂の胸をもみます。

ことぶき
いきなりの百合展開でびっくりしましたが、羌瘣の属する蚩尤(女子だけの剣士部隊)では普通の挨拶みたいなもののようです。

信もどさくさに紛れて揉もうとしますが、河了貂はもちろんブチ切れ。

ただ、この事件によって、河了貂の緊張は少し緩和されたようです。

飛信隊は信をはじめ、すべての隊員が、王翦の兵士達のように死を覚悟しています。

兵糧が尽き、激戦が予想されるとは言え、士気はさがっていません。

対する趙軍・左翼の趙峩龍《ちょうがりゅう》の様子は余裕綽々です。

飛信隊が中心となり、信が大将になることも把握していますが、舐めているのか、半日でおわらせると息巻いています。

ことぶき
鄴の食料庫の事件の速報が入れば、秦軍優勢となるでしょうが、それまではたしかに趙軍の消耗の方が少ないです。

『キングダム』590話 桓騎軍の動き、朱海平原の戦況は?展開予想

590話「攻め偏重」の考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

朱海平原の秦軍・右翼 VS 趙軍 左翼の戦いの推移はどうなるでしょうか。

趙峩龍が信をなめてかかっているので、緒戦は飛信隊が有利に戦えるかもしれません。

ことぶき
しかし、趙は尭雲・趙峩龍・馬南慈という歴戦の名将が配備されているので、実力では押し負けてしまうでしょう。

軍師のセンスあふれる河了貂ですが、まだまだ経験も少ないですし、大軍を受け持つという重責で判断ミスを招きかねません。

特に「本能型」将軍の尭雲はやっかいで、河了貂には荷が重いですが、そこは同じ「本能型」である信が補佐するでしょう。

ことぶき
羌瘣と羌瘣隊の兵士も新たな技術を身につけているので、馬南慈の猛攻もあるていど耐えられるでしょう。

秦軍・左翼の蒙恬《もうてん》将軍は過不足なく戦えると思います。

趙と秦の中央軍の戦いがついに始まりますが、ここは正攻法でゴリゴリと潰し合う戦いになりそうです。

王翦も李牧も名将として名高く、どちらも一歩も譲らず、膠着状態となるでしょう。

そこに「鄴の食料庫が焼かれた」という速報が入り、李牧は混乱しミスをし、王翦は自らの作戦の成功を喧伝し、一気呵成に決めに行く展開となりそうです。

-キングダム
-ネタバレ, ヤングジャンプ, レビュー, 感想, 研究, 考察

Copyright© 鋼鉄書房 , 2019 All Rights Reserved.