進撃の巨人

111-110【最新話】『進撃の巨人』ネタバレ考察「偽り者」ザックレー総統に爆破テロ!?エレン脱獄? 感想 解説

更新日:

こんにちは! 月に50冊以上マンガを読むことぶき@akitoshijp )です。

111話「森の子ら」のネタバレ考察はこちらを見てください。

2018年10月9日(火曜日)発売の『別冊少年マガジン 11月号』収録の諫山創『進撃の巨人』110話「偽り者」を読みました。

ことぶき
以下ネタバレありの考察と感想なので、未読の方はご注意ください。

109話「導く者」のネタバレ考察はこちらを見てください。

ジークがリヴァイ兵長とコニーたちの家族がかつて住んでいて壊滅したラガコ村のことについて話します。

ことぶき
エルディアのユミルの民は「獣の巨人」であり、王族の血を引くジークの脊髄液を含んだガスを吸うと、ジークの意のままに動く「無垢の巨人」と化してしまうとのこと。

ジークは王族の血を引いているだけあって、エレンも持っている「座標」の力がすこし使えるようです。

このガス攻撃はガスマスクをしなければ防げない強力なもので、もしジークが壁内でこの力を使うようなことがあれば、大惨事になることは間違いありません。

リヴァイに人命軽視を指摘されても、ジークはエルディア復権のためだからと、仕方なかったと言い続けます。

ことぶき
ジークはエルディアのためなら実の親でさえ敵に売るサイコパス的なキャラですから、ぜんぜん悪いと思ってません。

イェレナ VS ピクシス司令の尋問の行方は?

ピクシス司令からイェレナに対する尋問が続いています。

ことぶき
バルコニーで一見優雅にお茶を飲みながら話していますが、護衛が三人も付いていますし、キツネとタヌキの化かし合いのような雰囲気です。

イェレナは単に好奇心でエレンに会いに自分の存在を知ってもらいたかったと言ってますが、信じられませんね。

イェレナはジークとエレンという二人の兄弟によって世界が変わると信じ込んでいて、そのためならどんな犠牲も厭わないと信じてうたがいません。

ことぶき
まぁ好奇心もあったでしょうが、やはりジークの思い通りにエレンを動かせるよう何か仕掛けていたんだと思います。ジークの思い通りにエレンが動いてくれるよう、ウソも含めていろいろ進言したのでしょう。

ピクシス司令もイェレナを信用していない様子で

上手い嘘のつき方を知っとるか?時折事実を交ぜてしゃべることじゃ

と刑事のような感じです。

ことぶき
イェレナの言葉の中で、どこが事実かというと、「ジークとエレンが世界を変える」というところでしょうね。好奇心で会いに行ったというのはウソでしょう。

オニャンコポン VS ハンジ オニャンコポンとイェレナの関係は?

エルディアに協力したマーレ義勇兵は全員拘束されましたが、オニャンコポンとハンジは優雅にお茶をしてカードゲームを楽しんでいます。

ことぶき
やはりオニャンコポンはハンジのお気に入りだから特別待遇なのかも。マーレ侵入作戦の時は飛行船の運転をまかせていましたしね。

オニャンコポンによると、イェレナは仲間から見ても不可解な行動が多かったようです。

ことぶき
イェレナはジークの理想のためなら、仲間だった者も躊躇なく殺す、恐ろしい女です。

オニャンコポンはジークがマーレとエルディアの二重スパイなんてことはあり得ないと言ってますが、それもそうでしょう。

ことぶき
ジークが二重スパイだったらまだ穏当ですが、巨人化の代償として残りの命が少ないジークは「地鳴らし」で世界を滅ぼそうとしてるんじゃないかと勘ぐりたくなります。

むしろイェレナはパラディ島でマーレ人の人権を口やかましく言っていたようなので、イェレナがマーレの二重スパイの可能性もありますね。

アルミンがついにアニと接触? アルミンの意図とは?

アルミンは結晶化したアニの前で悩み、考え込んでいましたが、アニに触って記憶を読もうとしたところ、ヒッチに怒られてしまいます。

ことぶき
アルミンはベルトルトの超大型巨人を継承しているため、アニに触れればいろいろと分かることもあるのでしょう。

アニは眠ったような形で結晶体の中に引きこもってしまっていますが、外界のことを認識できているのでしょうか?

ことぶき
タイバー家の「戦鎚の巨人」の女性は結晶化していても外で起きたことが分かっていたようなので、アニもアルミンの語りかけを聞くことはできると思います。

二人が外に出ると、民衆が「英雄エレン」を解放しろとデモをしていました。

ことぶき
マスコミも兵団に不信感をもっているし、エレン側に好意的なようです。民衆も「新生エルディア帝国」というナショナリズムに酔ってしまっています。

パラディ島の人たちは、少し前まで世界の歴史のことなど考えず、中世のような生活をしていたので、国民が一体となれる「ナショナリズム」に魅了されてしまったいるのでしょう。

ことぶき
この報道ももしかしたらジークとイェレナがしかけたのかもしれません。メディアリテラシーのない人たちを扇動して、自分たちの利益のために動かすなんてことはジークにとっては朝飯前でしょう。

ザックレー総統にテロ攻撃!?エレンの行方は?

アルミンとエレンがザックレー総統と会見しています。

ザックレー総統はエレンがジークに操られているのではないかという疑惑を持っていることが明らかになります。

ザックレーはアルミンとミカサに、エレンと会わせることはできないと宣言。

ことぶき
イェレナとエレンが密会して、エレンがジークの思い通りにうごかされていると考えているようです。
ことぶき
ザックレーはエレンがジークの操り人形と化しているならば、エレンを拘束し、王政の者にしかけたようなド変態かつ残酷極まりない拷問にかけようとしています。

あの倒錯した拷問器具は、残酷描写の多い『進撃の巨人』でも屈指のシーンでした。

ことぶき
ジークもヤバいですが、ザックレーも負けないくらいサイコパス野郎です。

アルミンとミカサが部屋を離れてしばらくすると、なんとザックレー総統の部屋が大爆発。

ことぶき
官邸をとりかこむ民衆の目の前で、爆破テロ勃発です。ザックレーはどうみても即死。もしマーレ義勇兵からうばった巨人化の薬があればワンチャンで生きながらえたかもしれませんが、身体がバラバラになってしまっては無理そう。

目の前で死んだザックレーを見て、民衆は大喜びでさらにエレンに期待が集まったようです。

民衆達も「心臓を捧げよ」と調査兵団の決めゼリフを叫んでいます。

この爆破テロはエレンやミカサを信奉する調査兵団の新兵が仕組んだモノのようです。

ことぶき
しかもよりによって、ザックレー総統の変態拷問器具に爆弾をしかけていたとは。ザックレーといえども、そこに爆弾が仕掛けられているとは思いもよらないでしょう。

エレンが脱走!?新・調査兵団とどこへいく?

ザックレー総統爆殺のどさくさにあわせて、エレンが脱獄しました。

ことぶき
以前ハンジにほのめかしていたように、「戦鎚の巨人」の硬質化能力で壁に穴を開け、難なく脱走しました。

いつでも脱獄できたのに、ザックレー爆殺と合わせていると言うことは、看守にもエレン派の人物がいて、機会を待っていたと言うことでしょうね。

エレンはフロックやルイーゼといった、前回反乱分子と分かった「新生エルディア帝国派」の若手調査兵団たちと合流し、ジークのもとへ向かうようです。

ことぶき
ルイーゼも監獄に入れられていましたが、エレン派の看守の手引きで脱獄したようです。ザックレー総統やピクシス司令の知らないうちに、イェレナはかなりの人員を「新生エルディア建国派」に引き入れていました。
脱獄したエレン:『進撃の巨人』110話「偽り者」より引用

脱獄したエレン:『進撃の巨人』110話「偽り者」より引用

ことぶき
調査兵団の新兵のうち、かなりの人数がフロックたちに言いくるめられて参加しているようです。エレンやミカサに助けられた子供たちが大きくなって参加したケースも多そうですね。

エレンやミカサは巨人を倒し、壁を塞いで人類の生存領域を守りきった英雄ですから、子供達があこがれるのは無理もありません。

エレンは仲間を引き連れて、兄・ジークの元に向かうようです。

『進撃の巨人』111話 展開予想

111話「森の子ら」のネタバレ考察はこちらを見てください。

110話はまさかのザックレー総統暗殺という衝撃展開でした。

ことぶき
総統というリーダーを失ったパラディ島はどうなってしまうのでしょうか。ピクシス司令なら代わりが務まると思いますが、そうなるとイェレナへの尋問を中断せざるを得ません。

エレンがジークのもとに向かうなら、ジークと一緒にいるリヴァイ兵長との戦闘が避けられなくなります。

ことぶき
いくらエレンが戦鎚の巨人の力も手に入れてパワーアップしているとはいえ、リヴァイには敵わないでしょう。調査兵団の兵士も新米ばかりですしね。

あと、マーレがどれだけの戦力を潜入させているかも気になります。

ことぶき
ピークちゃんは「車力の巨人」で顔が割れていないのでどうどうと潜入できます。でもライナーは老けたとは言えマークされているのでダメでしょう。「顎の巨人」ガリアードとファルコの兄・コルトは来ているでしょうね。

いろんな勢力と思惑が重層的に絡み合う『進撃の巨人』。政治ドラマとしてもたいへん面白いですが、またバトルがみたいですね。

-進撃の巨人
-ネタバレ, マガジン, 感想, 研究, 考察

Copyright© 鋼鉄書房 , 2018 All Rights Reserved.