進撃の巨人

『進撃の巨人』27巻【最新刊】考察 感想 エレン脱走と総統を狙ったテロ ガビとサシャの家族 ネタバレ有レビュー

投稿日:

こんにちは! 月に50冊以上マンガを読むことぶき@akitoshijp )です。

2018年12月7日(金曜日)に『進撃の巨人 27巻』が発売されました!

AMAZON等では「365日 日めくりカレンダー」付き限定版が買えます。

ことぶき
リヴァイ兵長多めなので、ファンはぜひ手に入れることをオススメします。
ことぶき
表紙は監禁されているエレン。マーレへの単独潜入からのエレンは何を考えているのか全然分かりません。

通常版はこちらになります。

ことぶき
以下ネタバレありの考察と感想(レビュー)なので、未読の方はご注意ください。

26巻の考察と感想(ネタバレ有レビュー)と無料で合法的に読む方法はこちらを見てください。

『進撃の巨人』107話「来客」ヒストリアが妊娠?ミカサの一族の正体とは

ヒィズル国のアズマビト家の重鎮・キヨミがミカサの一族の正体を明かします。

ことぶき
パラディ島のフリッツ王家と、ヒィズル国の将軍の関係も明らかになり、過去の同盟国であったことが分かります。

ミカサは将軍の末裔であるため、キヨミは将軍の血族の保護という名目で来ているようですが、実はパラディ島の資源「氷爆石《ひょうばくせき》」という固形燃料が目当てなのではないかという描写もあり、キヨミも信頼しうる人物なのか、疑問が持たれます。

ヒストリアが「獣の巨人」を受け入れるのか、と思っていたらラストではいきなり妊娠しています。

ことぶき
この妊娠が本当なのか、フェイクなのかまだ分かりません。巨人継承を先延ばしにするための作戦とも考えられます。

サシャがガビに殺されたため、マーレのニコロは悲しみのあまり憔悴しています。

ことぶき
おいしい食べ物に目がないサシャと、マーレ料理の優秀なコック・ニコロ。あのまま関係が進んで付き合っていれば、幸せな結婚をしていただろうにと思うとやりきれないです。

107話はヒストリア妊娠という衝撃展開があり、ミカサの血筋が明かされたりと、今まで孤立していたパラディ島が世界列強の力学に翻弄されつつあります。

その中でまだ少年・少女であるミカサ・エレン・ヒストリアたちがどう振る舞うのか、幸いを願うしかできません。

107話「来客」の詳しい考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。


『進撃の巨人』108話「正論」ヒストリアのお相手は?エレンの変貌に対する反応

ヒストリア女王が妊娠していたという衝撃展開がありましたが、108話ではその相手が明らかになります。

ことぶき
かつてヒストリアをいじめていたけど改心して孤児院を手伝っていた青年と言うことですが、これが本当なのか、それとも偽装なのか、まだ分からないです。

エレンの変貌を信じられないミカサは「エレンは変わってない」と思っています。

対して、「間接的にサシャを殺された」と感じているコニーはエレンを許せません。

アルミンはエレンを信じようとしていますが、まだどちらにも決められないでいます。

ことぶき
ミカサが語る1年前の回想を見ると、エレンが急激に変貌したというのはなかなか信じられないです。ジークに何かを吹き込まれたのは間違いないですが。

ガビとファルコはパラディ島の子供・カヤに助けられ、どうにか無事なようです。

ライナーはガビとファルコを救出するため、「パラディ島を奇襲すべき」と進言します。

ことぶき
ライナーはエレンとの戦いの後、抜け殻みたいになっていましたが、子供達の為ならまた奮起できるようです。ライナーは基本的にすごく仲間思いのいいヤツなんですよね。

108話「正論」の詳しい考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

『進撃の巨人』109話「導く者」ガビとサシャの家族の邂逅

ガビとファルコはサシャの家族が経営する牧場で働かせてもらっています。

ことぶき
まさかサシャの親たちもガビがサシャを殺したと思っていないですし、ガビもサシャの家族とは分かっていない様子です。

キヨミは「地鳴らし」の効果を見に来ていて、氷爆石を燃料とした新兵器を持ってきています。

ことぶき
この新兵器は航空機に見えるので、ジェット噴射を使って空爆できたりするのでしょうか。そうなると、世界のパワーバランスが大きく変わりそうです。

ハンジがかつては共闘していたリーブス商会や記者たちと対立し、フロックたちがハンジに懲罰房に入れられるという不穏な状況が続きます。

ガビを助けたカヤが4年前、サシャに助けられた女の子と判明します。

ことぶき
昔の伏線がこんなところで生きてくるとは。

109話「導く者」考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

『進撃の巨人』110話「偽り者」爆弾テロでザックレー総統死亡か?

ジークの信奉者イェレナとピクシスの化かし合いというか、腹の探り合いが続きます。

そんななか、ハンジはオニャンコポンからイェレナの状況をさぐります。

ことぶき
ハンジはオニャンコポンを重用していたのに、いきなり拘束されてしまったのでオニャンコポンは怒り心頭なのは当然ですね。

アルミンがついにアニと接触しますが、硬質化物質に保護され引きこもっているアニは何も答えません。

ことぶき
やさしさゆえ、一番苦しんでいるアルミンですが、かつて超大型巨人を倒したときは決死の特攻をかけていました。たとえエレンが相手でも、対立すれば容赦なく動きそうです。

ザックレー総統が爆弾テロで殺され、どうやら殺したのは「新生エルディア帝国」を作ろうとしている調査兵団の若い兵士たちのようです。

ことぶき
ザックレーも自作の変態的な拷問椅子に爆弾が仕掛けられ、殺されるとは思いもよらなかったでしょう。

エレンはテロに呼応するように脱走し、ジークの元に赴いたようです。

ことぶき
ジークとエレンが再び会えば、どうなってしまうのか。一般人を巻き込むことに躊躇しなくなったエレンは壁内を大混乱に陥れてしまうのでしょうか。

110話「偽り者」考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

『進撃の巨人』111話「森の子ら」ガビとサシャの家族

27巻の続きとなる111話「森の子ら」考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

『進撃の巨人』112話「無知」アッカーマン一族の秘密とジークの秘策

『進撃の巨人』【最新話】112話「無知」の考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

-進撃の巨人
-ネタバレ, マガジン, レビュー, 感想, 研究, 考察

Copyright© 鋼鉄書房 , 2018 All Rights Reserved.