進撃の巨人

進撃の巨人 28巻【最新刊】ネタバレ考察 感想 リヴァイ死亡? ジークの過去とエレンとの共鳴 レビュー

2019年4月9日(火曜日)に『進撃の巨人』28巻が発売されます。もうAmazonでは限定版の予約が出来ます。

ことぶき
私も買い逃さないよう予約しました!

kindle版も予約可能で、予約購入しておけば発売日に即・ダウンロード可能です。

『進撃の巨人』27巻を無料で読む方法と、考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

27巻
『進撃の巨人 27巻』表紙より引用
【無料】進撃の巨人 27巻【最新刊】ネタバレ考察 感想 エレン脱走と総統を狙ったテロ ガビとサシャの家族 レビュー

2018年12月7日(金曜日)に『進撃の巨人 27巻』が発売されました! ことぶき『進撃の巨人』27巻はU-NEXTとい ...

続きを見る

本記事では28話に収録される111話から114話までの考察をまとめています。

ことぶき
以下ネタバレありの考察と感想(レビュー)なので、未読の方はご注意ください。

111話「森の子ら」あらすじ 考察 感想

パラディ島の壁の中では爆破テロによって、ザックレー総統が殺されてしまいました。

そんな混乱の中、会議が開かれ、緊迫感が走っています。

ことぶき
いつエレン派の兵士達がテロを起こすか分からない中の会議、さらには誰が敵か味方かも分からない状況なので、さすがの上層部も焦りが見えます。

マーレから捕虜として連れられてきたニコロは、せっかく打ち解けたサシャを殺されてしまったことで、落ち込んでいます。

ニコロはガビがサシャを殺してしまったことをしり、味方の側であるにもかかわらず、怒りをぶつけます。

ファルコが助けに入りますが、ガビにはさらにカヤがせまります。

ことぶき
国同士の争いは冷静に俯瞰的に見られても、個人間の感情・愛憎はどうしようもないものだと実感させられる残酷な回でした。

ニコロがパラディ島の上層部に振る舞っていたワインには実はジークの脊髄液が混入していて、ジークの意志でいつでも巨人化されてしまうという衝撃の事実も明らかとなります。

111話「森の子ら」の詳しい考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。


112話「無知」あらすじ 考察 感想

ファルコとガビがとりあえず別室に保護される中、なぜかエレンが現れます。

ことぶき
エレンはすべて計画通りというか、ジークとイェレナの手のひらの上で転がされている感じかもしれません。

エレンはミカサに「アッカーマン一族」の秘密を洗いざらいしゃべってしまいます。

アッカーマン一族は、人間の姿のまま、巨人の力を引き出せるという超人で、主人を守るべく遺伝子にプログラムされた存在だというのです。

ミカサのエレンに対する、恋愛よりも強力な執着は、アッカーマン一族特有の習性であるというのです。

ことぶき
リヴァイもアッカーマン一族とのことなのですが、リヴァイは誰を守るようにプログラムされているのでしょうか。

そのリヴァイは、ジークを森に軟禁していましたが、ジークが叫ぶことによって、周りの兵士がみんな「無垢の巨人」と化してしまいます。

112話「無知」の詳しい考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

113話「暴悪」あらすじ 考察 感想

仲間が巨人と化してしまったため、窮地におちいったリヴァイ兵長。

ジークは「リヴァイが仲間を殺すことは出来ないだろう」と高をくくっていたようですが、修羅場をくぐりつづけてきたリヴァイに迷いはなく、

仲間だろうともう助からないと覚れば、殺し尽くしてしまいます。

ことぶき
ジークも苛酷な人生を生きてきたのに、ここだけはリヴァイを見誤っていましたね。仲間を信じすぎていたからでしょうか。

リヴァイはジークの四肢を切り取って、動かせないようにして連行しています。

そこで回想のなかで出てくる「クサヴァー」というのが今後のキーキャラクターになってきそうです。

113話「暴悪」の詳しい考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

114話「唯一の救い」あらすじ 考察 感想

ジークの子供時代の回想から始まり、クサヴァーとジークとの関係が描かれます。

ことぶき
クサヴァーは、ジークにとっては実の父・グリシャよりも父親らしい振る舞いをしていて、ジークからの信望もそうとう厚いようです。

そのクサヴァーも心に大きな傷を抱えていて、罪悪感をもったまま生きています。

クサヴァーが苦悩の末に至った、唯一の救いの計画とは?

それにジークはどう反応するのかという緊迫の物語です。

114話「唯一の救い」の詳しい考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

115話「支え」あらすじ 考察 感想

28巻の続きとなる115話では、ジークが弟・エレン=イェーガーを知った経緯や、エレンがジーク側に付くようになったことが語られます。

ジークはリヴァイに雷槍を喰らい、もうすぐ死んでしまうというときに、謎の少女が現れ復活します。

ことぶき
とつぜん現れた謎の少女、ジークの死の間際の幻影なのかと思いましたが、そうではなく、ジークは若返ったようにも見えます。

一方、エレンのいるところには、マーレからピークちゃんが潜入して、エレンの喉元にナイフを突きつけるくらいにまで接近しています。

115話「支え」の詳しい考察と感想(ネタバレ有レビュー)はこちらを見てください。

-進撃の巨人
-ネタバレ, マガジン, 感想, 批評, 研究, 考察

Copyright© 鋼鉄書房 , 2019 All Rights Reserved.